セ随一の投手が宣言通りに活躍すれば巨人が一歩抜け出す!

空前の"混セ"である。7月3日には"全球団借金生活"という史上初の珍事も発生。6球団入り乱れた混戦は現在も続いている。
そんななか、チーム打率・240(セ6位=8/27現在・以下同)と貧打に喘ぐ巨人は、チーム防御率2・82(セ1位)の投手力で、なんとか優勝戦線に踏み止まっている。

その原動力がエースの菅野智之投手(25)。1点台の防御率をキープし、チームを牽引。12勝5敗で優勝した昨年の防御率が2・33であることを考えれば、昨年以上の働きである。

今年の菅野の特徴は、変化球に頼らないパワーピッチング。6月28日のヤクルト戦でシュートを狙い打ちされて、6失点K0されたことで覚醒した菅野。次の登板機会だった7月5日の中日戦では、直球を主体に5安打完封で7勝目を挙げている。

しかし、気になるのは勝率だ。9勝9敗(勝率・500)はエースとしては少し物足りない。巨人軍OBの野球評論家橋本清さんは、
「防御率ではなく、勝ち星を稼がないと、エースとは言えません」
打撃陣、リリーフ陣がピリッとしない状況で、菅野の使命はズバリ完投だ。

捨て身の菅野が活躍すれば、チームも活性化し、日本一奪還もあり得ると思うのだが、さて?

"出遅れ広島"浮上の鍵はやはり出遅れた男の手に!

戦前の大方の予想に反して出遅れた広島。その原因の一つが黒田博樹、前田健太に次ぐ"3人目のエース"として期待された大瀬良大地投手(24)のつまづきだ。
現在、大瀬良は2勝6敗。先発で好投するも、打線の援護に恵まれず、リズムを崩してしまった。

また、チームは中継ぎ・抑えの投手陣の調子も悪かった。昨年の抑えのエース・一岡竜司の防御率に至っては、一時7・07という成績に陥った。
「そこで、大瀬良は中継ぎに回されたんです。先発でダメだからというだけでなく、昨年、新人王になった男の精神力が評価され、様々な状況に対応しなければならない中継ぎのエースとして、期待されたんです」(全国紙記者)

配置転換された大瀬良は6月に4ホールド、4HPと、そこそこの成績を残した。だが、6月23日の対阪神戦では、1点リードの8回にマウンドを任されると、ゴメスに3ランを打たれて負け投手に。この試合も含め、配置転換後の4試合で7失点を喫している。

この状況は、大瀬良本人にとっても試練だろう。しかし、中継ぎとして好成績を残せば、リリーフエースとして、さらにチームに貢献できるはずだ。この苦境を乗り切れば、評価されるだけでなく、チームを優勝に導くことも可能なのだ。
前半戦終了時点で、広島は5位だったが、1位とのゲーム差はわずか2ゲーム。投手陣の出来次第で、優勝も夢ではない。

阪神の希望は藤浪ではなく入団1年目の新人に託したい!

阪神も強力な優勝候補であるが、現在、先発投手陣の不振に悩んでいる。大黒柱のはずの藤浪晋太郎が10勝6敗、能見篤志が9勝11敗、メッセンジャーに至っては8勝10敗。
ここは、どうしても若手に活躍してもらいたい状況なのだが、その期待の一番手は今年ドラ1で入団した横山雄哉投手(21)だろう。

横山のプロ初登板は5月21日、甲子園球場での巨人戦。7回101球を投げ、6安打1失点5奪三振と、デビュー戦で合格点の投球を披露したのである。
しかし、その後はプロの洗礼を浴びて、4試合登板で0勝2敗。防御率6・75と不振に喘いでいた。

だが、横山に期待する関係者は多い。
「力のあるストレートとスライダーを駆使すれば、初勝利を挙げることも可能です。それだけの球威を持っていると首脳陣も期待しています」(阪神担当記者)
今後の横山の快投に注目したい。

ヤクルトでは秋吉亮投手(26=防御率2・88、5勝1敗)、中日では遠藤一星内野手(26=打率・271、出塁率・348)に要注目だろう。

本日の新着記事を読む