「あれは純愛」松本人志、明治大学の教授に対し同情を見せる

9月13日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志(51)が、明治大学法科大学院の教授が司法試験の内容を女子生徒に漏えいした事件について、独自の意見を披露した。
まずは東野幸治(48)が、この教授は女性を普段からひいきしていて、特定の女性を食事に連れて行くこともあったことを紹介すると、SU(41)はその姿勢を「ダメです」と批判。それに続けて松本は、わかる部分もあるとした。

松本「僕はこのおっさん最悪やと思いますよ、最悪と思いますけどあえて言うと、おっさんは純愛やったんですよ」
東野・泉谷しげる(67)「え~!?」
松本「でも、うまくいかなかったんですよ。この人が今一番ショックなのは、逮捕されたことでも職を失ったことでもなくて、この恋愛が実らなかったことなんですきっと。今この人、すごい落ち込んでると思う」

そして松本は中年男性が20代女性に入れ込んでしまったことを、いけないことと踏まえたうえで「おっさんという生き物は、悲しいかなそういう生き物なんです」と主張。しかしワイドナ現役高校生・岡本夏美(17)には、気持ち悪いとバッサリ切り捨てられてしまっていた。
おっさんはやはり悲しい生き物なのかもしれない。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!