打球がホームランになるには、普通は90メートル以上の飛距離が必要です。ただし、ランニングホームランの場合は、この限りではありません。プロ野球史上、最も飛距離の短いホームランは22メートルだそうです。昭和47年(1972年)7月4日の南海-ロッテ戦、ロッテの千田啓介が打ったボールは三塁の手前でイレギ…