68年7月21日、東京スタジアム。東京(現・ロッテ)対近鉄(現・オリックス)ダブルヘッダー第1試合でのこと。第1打席で近鉄の鈴木啓示投手の初球を強振した榎本喜八の打球は、右翼線への二塁打となった。川上哲治、山内一弘に次ぐ、史上3人目となる…


本日の新着記事を読む