1915 年(大正4年)から始まった全国高校野球選手権は、今年で100 年を迎えた。それを記念して、野球史に名を刻んだ名監督たちによる激闘の記録と涙のエピソードを取り上げていきたい。第4回目は和歌山県立箕島高校の尾藤公監督。地元の選手を育成して甲子園の常連となった同校。名将の選手育成術と「尾藤スマイル」誕…