稲森いずみ、深津絵里……「いまだ独身」を貫くアラフォー芸能美女リスト

テレビのワイドショーやスポーツ新聞は、今日も芸能人の恋愛や結婚の記事でにぎわっている。にもかかわらず、実は意外な人が未婚だったりすることは、けっこう多い。容姿はもちろんキャラも魅力的なのに、なぜか結婚しない美女優たち。1970~74年生まれのアラフォー世代をターゲットにリストアップしてみた。

●高橋由美子(41)
「最後の正当派アイドル」と称されたグッピーも、いまやアラフォーど真ん中。2000年頃から活躍の場を舞台やミュージカルメインにしており、テレビドラマでは『ショムニ』(フジテレビ系)での暗いOL役や『めぞん一刻』(テレビ朝日)でのネグリジェの朱美さん役など、「濃ゆい」キャラが堂に入ってきた。実は、2001年に発売された週刊誌で、過去に不倫をしていたことを高橋自身が暴露している。相手はコンサートのスタッフで、1991年から96年まで関係は続いたという。堀越高校時代に稲垣吾郎(41)を振ったこともあるというし、実際はかなりの小悪魔なのかも?

●川合千春(42)
猫顔に細身のスタイルで人気があった川合千春。「2代目鉄骨娘」といえば、顔が思い浮かぶ人も多いだろう。2007年にいしだ壱成との交際が発覚。いしだの二股が原因で破局となったが、それ以降はあまりメディアには登場せず、近況が気になるファンは多い。

●島崎和歌子(42)
デビュー当時は高知出身の目立たないアイドルだったが、ドラマ『魔法少女ちゅうかないぱねま!』(フジテレビ系)で一気に全国区に。1991年、TBSの看板番組『オールスター感謝祭』の司会に大抜擢され、メインMCを務める大物芸人の愛人なのではとの噂も囁かれた。以後、アイドルからバラエティーへシフトすることになり、現在も「無駄にキレイ」(マツコ・デラックス談)なアラフォータレントとして粘り強く活躍中。

●中山忍(42)
全員父親が違うという中山3きょうだいの次女。姉の仕事の見送りに行った際、ミポリンの事務所にスカウトされ、1988年にデビューした。姉と比較されながらも、長きに渡り2時間ドラマなどで活躍している。性格がド天然らしい彼女はこれまで男性とのゴシップはまったくなし。男も引くほどの天然なのか、それともこっそりやるのが上手なのか……。

●宮前真樹(42)
『夕焼けニャンニャン』(フジテレビ系)なき後の夕方の帯番組『パラダイスGoGo!!』から生まれたアイドルグループ「CoCo」の元メンバー。当時は三浦理恵子や瀬能あづさの陰に隠れて目立たなかった宮前だが、2008年に食育インストラクター資格を取得。メーカーとのコラボや食育教室、レストランの経営など、得意な料理で細く長く生き続けている。2013年の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、「元彼と別れた後も、500回ぐらい告白している」と「重たい女」エピソードを披露。その相手はかつて交際が報道された堂本光一ではないようだが……。

●深津絵里(42)
1988年、JR東海のCM「クリスマス・エクスプレス」での美少女ぶりが印象的だった深津絵里。「子猫ちゃん」と呼ばれていた元彼・小沢健二と別れてからは、映画にドラマに舞台にと俳優業に奮闘、国民的女優にまでのぼりつめた。近年、結婚の話はほとんど聞こえてこないが、情報によれば、スタイリストの男性と同棲しており、自由きままな恋人生活を楽しんでいるという。

●さとう珠緒(42)
1995年、『超力戦隊オーレンジャー』のオーピンク役でドラマデビュー、以来、ぶりっこタレントとして広く活躍してきた。しかし事態は2012年に急変。長年連れ添った事務所社長が給料未払いのまま失。さらにその後、この女社長から民事訴訟を起こされるハメに。このとき、ヤケになった女社長からさとうの男性遍歴を週刊誌に暴露された。昨年には恋人だったお笑い芸人とも破局し、踏んだり蹴ったりのさとうは心労から酒浸りの日々だという。

●稲森いずみ(43)
1994年、女優デビュー作『上を向いて歩こう!』(フジテレビ系)から21年。大河ドラマ『篤姫』の滝山役など、近年アタリ役が多く、中堅女優としての地位を確立させた感のある稲森。そのルックスと同様、私生活も華やかで、反町隆史、要潤、尾上菊之助、長谷川博己などと熱愛の噂があった。美男とばかり付き合ってきた稲森のハートを最後に射止めるのはいったい誰なのか。芸能界結婚ブームのいま、もっとも注目される独身女優だ。

●中島知子(44)
占い師からの洗脳や激太り、家賃滞納など毎度お騒がせの元オセロ・中島。先日出演した『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)では「洗脳はウソ」とこれまでの報道を完全否定、九州在住の新しい彼氏がいることも明かした。谷村章介や某大物ミュージシャンなど過去の恋愛ネタもそろそろつきてきただけに、今度こそ「白黒」つけたいところだ。

●いとうあさこ(45)
デビュー18年。レオタード漫談で一気にブレイク、「何かエロイ」とネットでも評判のいとう。元彼はお笑いコンビ「飛び石連休」のブツブツじゃないほう・藤井で、10年間の同棲を経て今年破局となった。最近、「結婚したい、子供が欲しい」と産婦人科医に相談したら「それは子宮の最後の訴えだ」と言われたとネタにしていたが、笑えるような哀しいような……。

芸能界で成功しているということは、それだけ経済的にも充実しているのだろう。男に依存する必要なんてないのかもしれない。自立した女は美しい!?

本日の新着記事を読む

あなたにオススメ!本日放送の番組はコチラ!