佐々木健介、妻に代わり番組で吠えるも残念ながらスベりまくり

10月26日に放送された『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)にプロレスラーの佐々木健介(49)が出演。その容貌からは想像できない、気弱な姿を見せ、ビビる大木(41)、内村光良(51)らを驚かせた。

この番組は視聴者から送られてきたスカッとする話は、態度の悪いレストランのウェイターに関するもの。ムカッとするウェイターをたまたまいた他のお客さんがやりこめたという内容だった。

これに対し、厳しいコメントをと健介がリクエストされたのだが、彼は「お前はここでやってみろ」と、よくわからないうえにイマイチ迫力不足な一言を発してしまう。どうやらムカつくウェイターに対しての言葉らしいのだが、どうにもわかりづらくビビる大木も「なんすか?」と、ポカン顔。健介も「あまりキツイこと言ったことないんで」と、オドオドし始めてしまう始末だ。

最近は乳がん手術にのぞんだ妻の北斗晶(48)を、懸命に支える姿が話題になった健介。これまでもその恐妻家ぶりがネタになっていたが、今後は休養中の北斗に替わり、気弱キャラでのバラエティ進出を狙っているのかもしれない。

本日の新着記事を読む