それって枕?タニマチ?愛人?橋本マナミ「年収1億円男」とのセレブな恋愛を告白

11月3日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に、タレントで女優の橋本マナミ(31)が出演。20代のときに「年収1億円」の男性と交際していたことを明かした。

その「年収1億円」の男性は、バツイチで当時44〜45歳くらい。高級レストランで食事させてもらったり、高級時計をプレゼントされて交際に発展し、都内一等地の高級マンションで半同棲生活をすることに。海外旅行はすべてファーストクラスで、ヘリコプターでゴルフに行くなど、セレブライフを満喫してたという。

しかし、3年半ほど付き合ったが、橋本はその男性と会うたびに何か買ってもらうなど「自分にメリットがないと会えない」状態になった自分に嫌気がさして、自ら別れを切り出したという。

橋本は「(年収)1億円の人とかって、どこでどうやって知り合えるの?」という質問に対し、「(お金持ちの人が)よく集まるBARがあって。人脈を広げたかったんです」と回答。そこにはは他のタレントも度々訪れていたという。

また、橋本は「長年付き合っていても、彼の誕生日には会えなかった。他にも女の人がいっぱいいたんですよ」と語り、欲しいものを提案すると、その都度10万程度の金を渡されていたという。

本人はあくまで「お付き合い」と主張したが、別の面から見れば「愛人」「枕営業」「タニマチ」と見られても仕方がない関係。やはり芸能人にはいろんな誘惑があるようだ。

本日の新着記事を読む

あなたにオススメ!本日放送の番組はコチラ!