男性の低音かつ甘美なボイスに妙に惹かれてしまう……。そんな女性は多いのではないだろうか。 マンガ家・結城アヤは、少女マンガ誌でヒット作を出せず、お色気マンガ雑誌への移籍を余儀なくされる。しかし、アヤはアレが未経験…。 そっちの経験も知識もなくてどうやって描けばいいの――!? と、困っていたある日の夜…