11月13日午後9時過ぎ、花の都・パリは、突如として血塗られた街と化した。金曜日の夜に賑わう街のあちこちで、爆発や発砲が相次ぎ、わずか数時間で129人が殺害されたのだ。狙われたのは、サッカースタジアムやコンサートホール、繁華街にある飲食店など、いずれも人が集まっていた場所ばかり。コンサートホールで…