ある意味、伝説のジャニーズJr.と呼ばれているのは、今年デビュー20周年のV6森田剛と三宅健である。彼らは90年代前半、まぎれもなく問題児だった。先輩のバックダンサーとしてまだ、テレビの隅っこで見切れる程度で映っていたころから、超人的な人気を獲得しており、ファンのあいだでは「剛健」と呼ばれ、怖いも…