高校時代、ロードレースに燃えていた辻堂麟太郎は、父親が起こした不慮の事故で多額の治療費が必要になり、競輪の道を選んだ。いつしか競輪の魅力に取りつかれ、誰よりも早くトップ選手になるべく奮闘し、晴れてS級選手の仲間入りへ。しかし、S級の壁は想…


本日の新着記事を読む