これが長寿のヒミツ!! 目からウロコ「100歳長生き健康法」

 毎日の不摂生に罪悪感を覚えている皆さん。安心してください! 実は老いても元気でいる技があるんです。

 かつては“奇跡”ともいわれた100歳以上の超・高齢者。だが、今や、その数は6万人を突破している。「このペースだと、2050年には百寿者(100歳以上の高齢者)は68万人超に。海外の研究では、日本をはじめとする長寿国で2000年以降に生まれた新生児の大部分は、100歳の誕生日を祝えるだろうとの報告まであるほどです」(厚労省担当記者)

 ただし、平均寿命と健康でいられる寿命との間には10歳近くの乖離(かいり)がある。100歳を経てもなお、ピンピンと暮らしている大先輩たちの秘密は、いったい何なのだろうか。「長寿の方はともかく皆、食欲旺盛なんです」と語るのは、『ほどほど養生訓(実践編)――こうすれば健康長寿になれる』(日本評論社)の著書もある、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏(医学博士)。都内の介護老人保健施設の施設長も務め、多数の長寿者を見てきた経験から、長生きの秘訣をこう語る。「平均寿命が20~30歳にすぎなかった江戸時代に、80歳近くまで生きた将軍もいますが、この差は食事。当時の庶民は1日2食で、肉や乳製品など高カロリーな食材が絶対的に不足していましたが、将軍などの特権階級は手に入れることができました。明治になって庶民にも肉や乳製品が行き届き、また、1日3食になることで、急激に平均寿命が伸びていったわけです」

 かつて、“100歳双子”として一世を風靡した、成田きんさん(00年没・享年107)、蟹江ぎんさん(01年没・享年108)も好物として挙げたのは高カロリーの食べ物。「きんさんは赤身の魚、ぎんさんはフライドチキンが大好物だと語っていました。健康に良い食事というと、野菜や粗食といったイメージなので意外でした」(健康情報誌記者)

 この2人に共通するのが、たんぱく質を積極的に摂っていることだ。「和食の唯一の問題は、たんぱく質が少し足りない点。たんぱく質が不足したままでは、骨粗鬆症(そしょう)が加速して骨折、そのまま寝たきりとなり、認知症になる……という悲劇の連鎖も起きかねません。赤身の肉は良質のたんぱく質ですし、肉を日常的に食べれば、たんぱく質不足を補えます。とはいえ、脂身いっぱいの肉ばかりを食べるのは問題ですが」(前出の岡田氏)

 もちろん、過食は高血圧を招くので良くないが、少し太っているぐらいのほうが体力がついていいという。また、現在88歳で、元気に『下北沢整形外科リウマチ科』名誉院長を務める植田理彦氏(医学博士)も、こう語る。「ボクは卵焼きとエビが大好物。梅干や納豆は苦手だけど激しい好き嫌いはなく、家内に出されたものはすべていただきます。おかず中心で、ご飯は軽く一膳のみ。あと、油揚げの他、5つほど具が入ったみそ汁を毎日2杯飲んでいます」 食後には必ず果物が出るそうだが、百寿者のアンケート調査結果でも果物を摂っている人は多いという。

 さらに、植田氏の毎日の習慣なのが晩酌。「ブランデーないしワインはグラス1杯、日本酒は1合ほど飲んでいます」 年を取るごとに、酒をやめたり、休肝日を設けるよう努力する人も増えるが、「大酒は論外ですが、まったく飲まない人より、毎日ほどほどに飲む人のほうが病気になりにくく、長生きすることが世界中の研究データから分かっています。その“ほどほど”の量ですが、清酒なら半合が目安です」(岡田氏)

 長寿世界一の男性として、1984年版ギネスブックの表紙を飾ったこともある泉重千代さん(86年没・享年120)も、大の酒好き。「大好物は黒糖焼酎で、医師に控えるよう言われても毎日晩酌を楽しんでいたそうです。マスコミに長寿世界一と報道されるや、鹿児島県徳之島の自宅に観光バスが押しかけるほどの人気者でしたが、訪れた人々にも酒を振る舞い、温かくもてなしていたそうです」(前出の記者) さらに、タバコは70歳頃からセブンスターを1日3~4本ほど吸い始め、116歳頃に禁煙したという。前出の植田氏も、実はヘビースモーカーだった。「若い時分からずっと“ピーカン”(缶入りピース、1缶50本入り)を1日2缶(計100本)は吸っていたんだけど、15年ほど前に突然、このピーカンを美味(おい)しく感じなくなってね。それで自然にやめたの」

 さて、前出の岡田氏が食生活とともに長寿の必須条件に挙げるのが“運動”だ。適度な運動は血圧、血糖、コレステロールなどの数値を軒並み下げるという。「運動はゆっくりやっては効果はありません。“165マイナス-年齢”ぐらいの脈拍まで上げる、ちょっときつく感じられる程度がいいんです。ただし、これ以上の激しい運動は逆効果」(岡田氏) あなたが50歳なら、165-50=115(健康な人の安静状態での脈拍は50~90)。1分間の脈拍が、このくらいを上限とする運動なら何でも良く、早歩きでも十分だという。「目標は、この程度の運動を1日合計30分、週3~5回は行うこと」(前同)

 植田氏も、こう言う。「私の場合、常勤の頃は最寄り駅から病院まで毎日、往復20~30分は早歩きしていたかな。今も月に1回はゴルフをやるし、気が向いたときは車は運転せず、最寄り駅まで10分ほどは早歩きすることもあります」 前出の泉重千代さんは、100歳を過ぎても日常的に体を動かしていた。「亡くなる4年くらい前まで散歩が日課で、120歳を過ぎても、着替え、布団畳み、トイレや入浴も自分一人で行っていたそうです」(前出の記者)

 疲れていると、つい怠けたくなるものだが、欠かさず運動する強い意志も、ご長寿さんの共通点のようだ。「昨年4月に亡くなるまで、世界最高齢だった大川ミサヲさん(享年117)は、102歳のとき、盆踊りで転倒して足の骨を折る大怪我をしましたが、退院後、入所している老人ホームに帰って来ると、廊下の手すりにつかまりながら毎日スクワットを行い、体を鍛えていたといいます」(前同)

 きんさん、ぎんさんも、重要視していたのは下半身。「きんさんは、“ハムストリングス強化運動”という臀(でん)部から太腿を鍛えるトレーニングを行い、健康に磨きがかかったといいます。また、ぎんさんも“人間は足から死ぬ”と考え、毎日30分の散歩を欠かさず、100歳を超えても実践していたそうです」(同) とはいえ、“健康のためなら死んでもいい!”というほどストイックに自分を追い込むのは考えもの。「一番の長生きの秘訣は、何事もマイペースで、ストレス知らずな点ではないでしょうか。私、けっこう図太いところもあり、どこでもすぐ寝られますし。勤務医時代は激務で、通勤の行き帰りの電車では必ず席を確保し、1分もしないうちに寝入り、月に1~2回は寝過ごして最寄り駅を通り過ぎていました(笑)」(植田氏) 

 逆に、激務がストレスになっていそうな気もするが、「適度なストレスは逆に健康にいい面もあり、ストレスが寿命を縮めるという明確なデータは存在しません」(岡田氏)というから、働き盛りでも安心してよさそうだ。

 続いて岡田氏が、男性が長生きのために重要だと明かすのがパートナー、すなわち“オンナ”の存在。「最悪なのは一人で部屋に閉じこもり、1日4時間以上テレビを見て過ごしている人。こうした習慣を続けると短命になるとの結果が、外国の多数の調査で明らかになっています」(前同) この間、脳はほとんど働いていないという。「テレビを見ているとき、何かを食べながらという人も多く、そのカロリーは体を動かさないから消費もされません」(同)

 さらに、血流も滞ってしまい、良いことは何もないという。「そういう悪循環を思えば、何歳になってもパートナーはいたほうがいい。それが無理なら、仲のいい相手を持つ。また社会的つながり、生きがいを持つことも非常に大切でしょう」(同) 植田氏は、今でもおしどり夫婦だと明かす。「現役時代からストレス解消も兼ね、年に一度は家内と海外旅行に。今までに南極以外、ほとんどの国に行っています」

 旅行は実に様々な刺激があり、脳にとっては最高のトレーニング。認知症予防すなわち、健康長寿につながるとの報告もある。「毎日の食事でも毎回、妻と会話しながら1時間以上かけて、ゆっくり、ちびちび食べています」 実は健康のためには「よく噛むことも重要」(岡田氏)で、この点からもパートナーの重要性がうかがえる。

 だが、妻と不仲、あるいは単身者だという方もご安心を。実は、興奮するだけでも健康効果はあるという。「イギリスの研究では、45~59歳までの男性を対象に10年間、追跡調査を行ったところ、“興奮”を得る頻度が高い男性ほど死亡率が低いという結果が出ました。最も死亡率が高かったのは“1か月に一度も興奮のないグループ”だったそうです」(前出の記者)

 色っぽいグラビアを眺めるだけでも、長生きにつながるというわけだ。また、西洋には“生娘回生術”なる長寿法まで存在。「旧約聖書の中にある、<衰弱した老人が若い生娘を近くにはべらせたことで若返った>という記述に基づくもののようで、性交渉を持つわけではなく、ただ若い女性と一緒にいるだけでOKという方法です。ローマで150歳まで生きたとされるご長寿男性が女子校の教師をしていたという話も、この説を後押ししています」(前同) 先の泉重千代さんも、「長寿の秘訣は“お酒と女性”と公言しており、インタビューで好きな女性のタイプを聞かれると、“やっぱり年上かのう”と答えたという逸話もあります(笑)」(同) 

 加えて、温泉療法の第一人者でもある植田氏は、健康維持の秘訣として“入浴”を挙げる。「入浴は全身の血液循環を良くし、老廃物の排泄を促進します。さらに、免疫力も高まります。また、ぬるめのお湯は副交感神経を優位にするため、血圧は下がり、心拍数は緩み、心身をリラックスさせる効果があります」(植田氏) おすすめの入浴法は、「お湯は39度前後のぬるめで、心臓に負担のかからない半身浴(みぞおちから下だけ浸る)か浮き身浴(浴槽の縁を枕に浮いた姿勢で浸る)」(前同)だと言う。

「毎日、小一時間は入っています。結婚したての頃、家内が心配してお風呂を覗きに来ました(笑)」(同) 新年を機に、できるところから実践して、100歳を超えても健康なカラダを手に入れましょう!

本日の新着記事を読む