今井絵理子だけじゃない! 7月参院選「タレント隠し玉候補」すっぱ抜き!!

「今夏の参院選は、もはや芸能人の大運動会みたいになってきましたね」と話すのは全国紙政治部記者。7月に行われる予定の参議院選挙だが、百花繚乱(!?)、タレント候補が目白押しだというのだ。「そうなる最大の要因は、この参院選から18歳からの投票が始まること。若者の票を集めるには、これまで以上に知名度が重視されると、各党がにらんでいるんです」(前同)

 政策よりも知名度が最優先とは呆れるばかりだが、今回は本誌がつかんだ候補者情報を明らかにしよう。早くも女性グループ『SPEED』のメンバー・今井絵理子氏(32)を、彼女の地元・沖縄で擁立したのは“一強”の自民党だ。「9日、自民党本部で行われた会見には、茂木敏充選挙対策委員長も同席。“今日は(今井氏が)白い服で、『White Love』の通りではないかと”と、SPEEDのヒット曲を持ち出して話すなど上機嫌。今井氏も聴覚に障害を持つ長男とのコミュニケーションのために覚えた手話を披露するなど、選挙に向けて意欲満々という感じでしたね」(民放局政治部記者)

 次に、自民党内で名前が挙がるのが、すでに1億総活躍国民会議の民間議員でもある菊池桃子氏(47)だ。2012年にプロゴルファーの西川哲と離婚した彼女は、2人の子どもを育てるシングルマザー。また、子育てをしながら大学院にも通い、現在は大学の客員教授も務めています。自民党としては、働く女性のアイドルの誕生を狙っているそうです」(夕刊紙記者)

 アイドルの次は、女子サッカー界のスターだ。「言わずと知れたレジェンド、澤穂希さん(37)です。昨年引退した彼女ですが、その知名度は抜群。安倍政権が掲げる女性活躍を体現していますし、東京五輪対策にもうってつけというわけです」(自前同)

 一度、自民党が断られたという話もある女優でタレントの菊川怜氏(37)も、まだまだ出馬の可能性アリ。「現在、フジテレビの情報番組『とくダネ!』で司会を務める彼女ですが、3月末で降板するという話があるそうです。東大出身でテレビ美女といえば、丸川珠代環境相が浮かびますよね。菊川さんが丸川氏の後を追う可能性は十分にありそうです」(前出の民放局記者)

 女性候補者の名前が続いたが、男性候補者で有力視されているのが、『五体不満足』のベストセラー作家、乙武洋匡氏(39)だ。「乙武さんは昨年12月、“一身上の都合”を理由に東京都教育委員を任期途中で辞職しました。『日本を元気にする会』の松田公太代表が出馬を要請しましたが、自民党も触手を伸ばしています。東京選挙区か比例代表での出馬が検討されていますね」(前出の自民党関係者)

 澤氏同様、スポーツ界から出馬の可能性があるのが、前巨人軍監督の原辰徳氏だ。「昨年5月には公邸で安倍首相と会食し、リーダー論について意見交換したといわれています。意外ですが原さんの政治好きは相当で、政治家転身の野望もあるそうです」(前出の全国紙記者)

 予備校講師でタレント業も多忙な林修氏にも、自民からの出馬の噂が。「安倍政権が掲げる“再チャレンジ”を体現する人物として出馬を期待する声が党内にはあります。名古屋は民主党が強いので、その切り崩しも期待されています。まさに、出るなら、“今でしょ!”ですかね(笑)」(前出の自民党関係者)

 劣勢が濃厚な野党も巻き返しに必死だ。安保法制の反対集会でSEALDs(シールズ)とともに「戦争は文化ではありません」と大声を張り上げた石田純一氏(62)は、民主党からの出馬の話があるという。「安保デモ以降、テレビの仕事が激減しているという話。民主党としても、幅広い層に人気がある石田氏は喉から手が出るほど欲しい人材では」(全国紙記者)

 民主党からは、同じくSEALDsに誘われて国会前のデモに参加した脳科学者の茂木健一郎氏(53)にもオファーがあったといわれるが、同党の最大の隠し玉は、美人キャスターで昨年末に第一子が誕生したばかりの膳場貴子氏(40)だという。「『NEWS 23』(TBS系)のキャスターを務めていた膳場氏ですが、3月末での降板が決まっています。同番組を同じく降板する岸井成格毎日新聞特別編集委員の引きで、政界転出話が出ているようです。TBS元キャスターの杉尾秀哉氏も、長野選挙区で民主党から出馬が決まっており、TBSと民主党は蜜月関係にある。4月から『報道特集』のキャスター就任が内定している膳場氏ですが、電撃出馬も十分にありえますね」(前同)——“タレント祭り”選挙となるか!?

本日の新着記事を読む