昔の人は結婚するのが早かったというイメージがあります。しかし江戸の男は意外と晩婚で、30歳前後が普通でした。早かったのは女のほうで、16~17歳で嫁ぐのが一般的。20歳になると年増と呼ばれました。結婚のきっかけは見合いが主流。恋愛結婚もあ…


本日の新着記事を読む