リオンディーズやエアスピネル、マカヒキの参戦で他馬がひるみ、参戦しなかった弥生賞とは対照的に、頭数も集まりそうなスプリングS。混戦になりそうだ。コーナー4個のレースでスタートから最初の距離も短い1800メートル戦。前に行ける馬が有利そうだ…


本日の新着記事を読む