ワキ毛を見せたらアウト!? スポーツ界「驚きの珍ルール」

 見慣れたスポーツにも、「えっ?」と驚くようなルールがあります。いくつか例を挙げてみましょう。野球で打順を間違えると打者はアウトになりますが、アウトになるのは間違えられたほうです。たとえば2番打者が1番の打席に入ったら、1番打者がアウト。2番打者は何事もなかったかのように、もう一度バッターボックスに立てます。

 フィギュアスケートでは、演技中にワキ毛や胸毛を見せるのはNG。もし見えたら減点になります。テニスのウィンブルドン大会はドレスコードが非常に厳しく、認められるのは白いウェアだけ。下着も白以外はダメだそうです。ゴルフで打球が木などにぶつかって跳ね返り、自分に当たったらペナルティーですが、他人に当たってケガをさせてもノーペナルティー。相撲の弓取り式で弓を落としてしまったら、手を使わず足で拾い上げなければなりません。

 で、問題はレスリングです。レスリングに出場する選手は競技中、あるものの携帯を義務付けられていて、それを持ってないと失格になってしまいます。あるものとは?

答え:ハンカチ

出題:浜川卓也

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな