ドバイから、うれしいニュースをお届けします! 2週前のこのコラムでお約束した通り、メイダン競馬場で行われたGⅡ「UAEダービー」で、松永幹夫厩舎のラニが日本馬として初制覇。跳ね返されても、跳ね返されても、挑戦し続けてきた日本人ホースマンの夢を、またひとつ叶えることができました。

 レースを振り返ってみましょう。スタートでつまずき、道中は最後方から。テレビの前で見ていた方は顔をしかめたかもしれませんが、そういうこともなくはないだろうなと思っていた僕にとっては想定内。手応えの良さから、頭のなかには、最後の直線で抜け出すイメージが浮かんでいました。慌てず、騒がず。徐々に前に進出。GOサインを出した後、なかなか前を抜けず、またしても、見ている人をドキドキさせてしまいましたが、僕自身は、最後はかわしてくれるものと信じていました。

 ドバイでの勝利は、アドマイヤムーンとともに挑んだ07年のデューティーフリー以来、9年ぶり。ここを勝つのが、夢のひとつだっただけに、素直にうれしく思います。そして――この優勝が、さらに大きな夢へとつながっていきます。

「ここを勝ったら次は、ケンタッキーダービーだ!」 前田幸治ノースヒルズ代表が早くから宣言していた通り、ドバイに数日間滞在した後、5月7日、アメリカ、チャーチルダウンズ競馬場で行われるケンタッキーダービーへ。95年にスキーキャプテンで挑んだ夢の舞台に、再び、立てることになりました。

 ――それって、どれくらいうれしいことなの? そうですね。UAEダービーに勝った瞬間、ケンタッキーダービーのことが浮かんだほどのうれしさです。

 この日は、ドバイターフに挑んだ矢作厩舎のリアルスティールも優勝。「今までの悔しさが今日につながった」と、矢作芳人先生が号泣したように、日本馬の強さを見せつけることができたと思います。

 このいいムードを今週末から行われる3歳クラシック戦線につなげなければいけません。その第1弾「桜花賞」で、僕のパートナーを務めてくれるのは、レッドアヴァンセです。ここまで5戦4勝2着1回、C・ルメールが騎乗するメジャーエンブレムの1強か? それとも、ケンイチ(池添謙一)が手綱を取る、3戦3勝のシンハライトと、M・デムーロが乗るジュエラーを加えて、3強になるのか!? 

 いろんな声が聞こえてきますが、この時期の3歳牝馬は、まだまだ不確定な要素が多く、レッドアヴァンセにも間違いなくチャンスはあります。過去5年で、1番人気の馬が優勝したのは14年、ハープスターだけ。昨年は、5番人気のレッツゴードンキが優勝。2着は7番人気のクルミナルでした。

 どの馬が優勝するのかは神のみぞ知るですが、初めて競馬を見るという方にも、“競馬って面白い”と思っていただけるような好レースをお見せします。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-