金本阪神「超改革の成果と弱点」優勝大本命の真価

 大規模なチーム改革を行い生まれ変わったタイガース。優勝候補の筆頭と目される軍団に仕掛けられた“罠”!!

 いよいよ開幕したプロ野球。セ・リーグで序盤戦の主役となっているのは、好スタートを切った2チーム、巨人と阪神だ。実は開幕前、多くの野球評論家の順位予想で、ダントツの優勝候補となったのが金本知憲新監督率いる阪神。スポーツ紙やテレビで解説を担当する評論家84人の半数近い39人が、阪神を優勝候補に挙げているのだ。

 巨人の優勝を予想したのは17人、昨季優勝のヤクルトでさえ15人ということを考えると、これは驚異的な数字だろう。野球解説者の江本孟紀氏は、この猛虎フィーバーを「“消去法”で、そうなるから」と分析する。昨年、優勝したヤクルトは今季は投手陣がいま一つだし、昨季低迷したDeNAや中日は目立った補強がなかった。となると、本命は巨人か阪神ということになるが、巨人も補強が手薄だったため、期待できそうにない――というのが球界の定説。結果として、阪神が浮上しているわけだ。

 ただ、金本阪神が誕生したとき、球界では「金本は苦労するぞ」と言われていた。投打とも外国人頼みの体質。生え抜きが育たず、主力選手のロートル化も進んでいたからだ。「“阪神は10年優勝できない”と断言した解説者もいたくらいです。実際、金本さんも、(監督を)引き受けるかどうか迷っていたフシが見られます。そこで、金本さんは監督就任に際し、球団にある条件を突きつけたといいます」(前同)

 その条件というのが、南信男球団社長の退任と、球団社長の“茶坊主”と化していた一部コーチ陣の刷新だったという。「コーチが、監督よりも球団社長のほうを向いているチームが強くなるはずはありませんからね。球団はこの条件を快諾し、球団社長を交代しました」(同) さらに阪神球団は、金本監督が信頼する矢野燿大氏を実質ナンバー2である作戦兼バッテリーコーチに就任させることを提示。晴れて金本阪神が誕生した。「金本監督と矢野コーチは、どちらも東北福祉大野球部出身。浪人した金本が1年後輩ですが、年齢は同じです。試合中は隣り合って座ることが多く、総大将と軍師の関係ですね」(虎番記者)

 掛布雅之2軍監督の存在も大きいという。「秋季キャンプの段階から、投打の改革に着手した金本監督は、ことあるごとに、“(バットを)強く振れ”と指示してきました。彼が理想としているのは、真弓、バース、掛布、岡田が打って打って打って打ち勝った85年優勝時の阪神野球。前任者の和田監督が“可もなく不可もない”選手を使い続けたのとは対照的に、当たればデカい、相手投手にとって脅威となる打線を組みたいんですよ。この金本野球に掛布2軍監督が賛同。息がピッタリなんです」(前同)

 選手時代、ドラフト3位で広島に入団した金本監督は、プロ初の松山での春季キャンプで、三村敏之監督に「お前は(瀬戸内海を)泳いで帰れ!」と罵倒された体験を持つという。「そこから一念発起して、練習の虫に磨きをかけ、ウェイトトレーニングで筋力アップを達成したんです。強く振れるために、選手に筋トレを励行しているのは、そのためです」(同)

 こうした金本構想にピタリはまるのが、髙山俊、横田慎太郎、江越大賀という若手選手だという。「髙山は、阪神の過去10年最高のスイングスピードの持ち主といわれます。ドライチだからといって特別扱いされず、2軍落ちも経験していますからね。この髙山に3年目の横田、2年目の江越を加えて“金本野球の三羽烏”にしたいようですね」(前出のデスク)

 髙山-横田がつなぐフレッシュな1、2番の後を打つのが、マートンの穴を埋めることを期待された新助っ人のヘイグ、4番はベテランの福留孝介、5番にゴメスとクリーンアップが並び、6番にはキャプテンの鳥谷敬、7番にはメジャー帰りの実力者、西岡剛が控える。

「メジャーを諦めて阪神に骨をうずめる覚悟をした鳥谷は、新人時代に金本にシゴかれた選手。両者はいわば師弟関係にあったわけですが、今季から監督、キャプテンとして、その関係が復活したんです。彼はどちらかというと、“ひとり静かに”というタイプでしたが、金本監督になってからはムードメーカーを買って出るなど、成長が見られますね」(前出の番記者) 大物ルーキー髙山が斬り込む1番から、ベテランの西岡が座る7番まで、今季の虎打線には“切れ目がない”ことが分かる。

 一方、投手陣はメッセンジャーと藤浪晋太郎を中心に、能見篤史、岩田稔と先発のコマがそろっているのが強み。「昨今は表ローテ3枚と裏ローテ3枚でペナントを戦うのが常。金本監督の慧眼は、裏ローテのトップに藤浪を持ってきたところ。メッセと藤浪が投げる表裏ローテの初戦は確実に勝って、3連戦に弾みをつけるという作戦です」(前同)

 今のところフロントと現場が一体となった金本監督の「超改革」は成功していると言えるだろう。在阪スポーツ紙などは、「優勝確実」などと書き立てているが、生き馬の目を抜く球界。他球団がこれを指をくわえて眺めているはずがない。実際、セ・リーグの5球団は早くも「阪神包囲網」を敷き、警戒を厳にしているという。「その尖兵となるのは、各球団のスコアラーですが、阪神戦には特に人数を割いてデータ収集を行っています。すでに、猛虎のアキレス腱が幾つか指摘され始めましたね」(前出のデスク)

 好調猛虎の死角……それが金本野球の売りでもある髙山-横田の1、2番コンビだという。「このまま、阪神が突っ走るとは思えません。失速する際は、現在好調の新人の1、2番コンビが息切れしたときですよ」(江本氏) あるチームは早くも、「1、2番には徹底してインハイを攻め、プロの厳しさを教えてやれ」とバッテリーに指示しているという。「この1、2番コンビが調子を崩せば、鳥谷、西岡を6、7番に置いておく余裕がなくなります。ベテランの2人が1、2番に座れば、それはそれで厄介でしょうが、切れ目のなかった打線に“ほころび”ができるはずです」(球界関係者)

 3番を打つ助っ人ヘイグにしても、まだ全幅の信頼を置けない。「マートンはじゃじゃ馬でしたが、計算ができる選手だった。それをスパッとヘイグに代えたわけですから、これはある種の博打でしょう。ヘイグ攻略は虎退治のカギですね」(前同) 1~3番を昨季から総取り替えした金本阪神。これが“もろ刃の剣”であることは、全球界関係者の知るところだ。

 打線だけではない。投手陣にも不安材料がある。「先発に回った藤川球児は長いイニングは難しいでしょうね。初戦こそ、なんとか勝ち星を拾いましたが、1シーズンは持たないかもしれません」(江本氏) 守護神候補のマテオにしても、呉昇桓並みの活躍ができる可能性は低い。「マテオが使えないと、福原忍が抑えに回らざるをえない。こうなると、金本監督の勝利の方程式は崩れてしまうでしょうね」(前出のデスク) 走る猛虎をライバル球団は虎視眈々、狙っている。

本日の新着記事を読む