牡馬クラシックの一冠目はマカヒキが勝つ。弥生賞で3強決戦を制したが、この時点で勝負付けが済んだ可能性がある。最大の売りは強烈な切れ味。どの位置からでも俊敏に伸びてくる。デビュー3戦の上がり3Fは順に33秒5、32秒6、33秒6。2戦目の若…


本日の新着記事を読む