天皇賞・春を予想する際に意識しておきたいのは、「今の日本で、意識的に生産されたステイヤーはいない」ということである。競馬のメインが2400メートルから2000メートルにシフトしようとしているこの時代、3200メートルというのはかなり特殊な…


本日の新着記事を読む