競輪選手になった動機は「憧れの職業だったから」という藤原亜衣里選手。それもそのはず、藤原選手は、実父の実(26期=引退)と実兄の憲征(85期)が競輪選手という一家に育った。その想いは学生時代から発揮され、法政大学在学時、インカレのスプリン…


本日の新着記事を読む