地震との共存を宿命づけられた日本。“大きな揺れ”を計器が観測――その瞬間から自衛官は動き出していた!! 4月14日21時47分、福岡の航空自衛隊築城(ついき)基地から2機のF-2戦闘機が熊本上空を目指して飛び立った――。熊本県熊本地方を中心とした直下型地震の発生から、わずか20分後のことだ。「2機の…