「はたらけど はたらけど なお我が暮らし楽にならざり ぢっと手を見る」 この歌を残した石川啄木は、実は真面目に働かなかった人でした。教員や新聞の校正係などの仕事もしていますが、働きぶりはいい加減で遅刻やズル休みは日常茶飯事。なにをやっても…


本日の新着記事を読む