コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行するのが密かな楽しみだった大学生の≪ぼく≫。ある日のこと、いつものように彼女を尾行していたら突然記憶が飛び、≪ぼく≫はその娘になっていた。その娘は≪麻理≫という名だった――。『ハピネス』『…


本日の新着記事を読む