4人に1人が65歳以上の高齢者という、超高齢化社会に突入した日本。それに比例し、寝たきりなどで介助を必要とする人の数も増え続けている。「介護が必要な“要介護”と、日常生活に不便をきたす“要支援”の認定者数を合わせると、なんと全国で600万…


本日の新着記事を読む