東京駅の待ち合わせ場所といえば「銀の鈴」。イルカの描かれた直径80センチ、重さ70キロの鈴が置かれている場所で、八重洲側の地下1階にあります。銀の鈴が初登場したのは昭和43年(1968)でした。東海道新幹線の開業やオリンピック開催などで東…


本日の新着記事を読む