松井秀喜「東京五輪代表監督」就任も!? 巨人とNPBの“ゴジラ争奪戦”舞台裏

 巨人球団幹部のたび重なる監督就任要請を断り続けるゴジラ。右往左往する巨人に思わぬライバルが登場!!

「一つの大きな節目を通過した。野球界としては大変喜ばしい。今後も正式決定に向け、プロアマ一丸となって結束していきたい」 NPB(日本野球機構)の熊崎勝彦コミッショナーは6月2日、こう決意表明した。前日の深夜、スイスのローザンヌで開かれていたIOC(国際オリンピック委員会)の理事会審議で、2020年の東京五輪の追加種目に野球、ソフトボールをはじめ、5競技が内定したのだ。

「8月のリオ五輪では、男子バレーの予選敗退が決まるなど、球技は“メダルなし”で終わるかもしれません。やはり、金メダルが狙える野球が五輪種目に復活するのは大きいですよ」(全国紙運動部記者)

 それが自国開催となる東京五輪であれば、なおさらのこと。実は、内定が出る前からNPBは「五輪野球の代表監督の選定」をスタートさせていたという。「NPBは自国開催のため、“金メダルだけでは物足りない”と考えているようで、監督も選手もスターを揃え、空前の盛り上がりの中で金メダルを……と考えているようです」(前同)

 となると、代表監督は“大物”が必要となってくる。「現在の第一候補は原辰徳前巨人監督です。巨人での実績はもちろん、09年のWBCの第2回大会でチームを優勝に導いていますし、人気、手腕とも太鼓判でしょう」(球界関係者)

 ただ、原氏本人は“まったくその気なし”とか。「巨人監督との兼任で代表を率いたWBC終了後、周囲に“巨人の監督より心身がすり減る。もう二度とやりたくない”と漏らしていたようですからね。となると星野仙一さんも候補となりますが、彼は08年の北京五輪の監督で4位という結果に終わっており、再び代表監督になる目は残されていません」(前同)

 中日監督として黄金時代を築いた落合博満GMも知名度、手腕は合格点だが、「いかんせん、NPBや各球団幹部の覚えが悪い」(同)というから望み薄。となると、現実的なのは小久保裕紀代表監督の続投ということになるのだが……。「小久保は15年のプレミア12に合わせて3年契約で代表監督になりました。来年はWBC第4回大会があり、大会後に彼の契約は切れますが、契約を延長する可能性はゼロです」(スポーツ紙デスク) 理由は2つ。3位に終わったプレミア12での小久保監督の采配にNPBが失望していることと、「彼自身にも別のプランがある」(前同) ためだという。

 小久保代表監督は、工藤公康監督の次の“ソフトバンクの指揮官の座”を狙っているといわれる。「秋山幸二前監督が退任する際、小久保のもとには、王貞治会長から“次、お前が(監督を)やらないか”と連絡があったそうですが、その時点で小久保は代表監督に就任していた。そこで“兼任は無理です”と断りを入れたとか」(同) ただ、小久保代表監督としては「本当はやりたくてしょうがなかった」(同)ようで、周囲には「まさか、秋山さんがこんなに早く辞めるとは思わなかった」とこぼしていたという。

 原前巨人監督には固辞されそうで、小久保代表監督には続投の意向なし……。進退窮まったNPBが、東京五輪に合わせて目下照会中なのが、誰あろう松井秀喜氏なのだという。松井は現在、日本人が多く暮らすニューヨーク郊外の一戸建てで生活しているといいます。ニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーの肩書がありますが、実はこれには何の拘束力もなく、“明日辞める”といっても問題ない契約のようです。つまり松井は、いつでも日本代表監督に就任できるわけです」(在米のスポーツ記者)

 松井代表監督誕生となれば、話題性は抜群だ。「松井の親友のデレク・ジーターが触発されてアメリカ代表の監督にでもなれば、空前の盛り上がりになるでしょうね」(前同) 松井氏にはコーチや監督などの指導者経験はないが、「それは小久保も同じ。松井は臨時コーチを経験しているだけ、ましかもしれない」(前出の関係者)

 松井代表監督招聘に向け動き始めたNPB――。この動きが本格化したら気が気ではないのが、巨人の球団幹部たちだろう。「原監督時代から巨人は毎年、水面下で松井に監督就任の打診をしています。昨年7月には久保博球団社長が渡米し松井と直談判、その翌月には堤辰佳GMも渡米、松井と会っています。“松井監督”は巨人の悲願なんですよ」(前出のデスク)

 結局、両者とも松井氏から色よい返事はもらえなかったという。「万策尽きた巨人は急遽、高橋由伸に監督就任を要請したわけです。高橋としては、あと2~3年は現役でというのが本音だったはずですが、入団時に実家の事業の負債を巨人に肩代わりしてもらった“借り”もあるため、断ることはできなかったようです」(前同)

 “球界の盟主”巨人を翻弄し続ける松井氏。彼の本心はどこにあるのか? 松井氏をよく知る人物は、その胸中をこう代弁する。「彼は“巨人の監督をやらない”とは言っていない。監督就任を迫る某球団幹部に“タイミングを逃すことになるぞ”と語気を荒らげられたこともあるようですが、後日、松井は“それは読売のタイミングでオレのタイミングではない”と話していました。“いずれはやる”ということですよ」

 ただ、それが“いつなのか”を、巨人は把握できていないという。「結局、“読売のドン”である渡邉恒雄さんとの確執をいまだに引きずっているのかもしれませんね。松井が02年にFAでメジャーに行く際、原監督は“報知の広岡勲記者の影響だ”と球団に報告したようなんです。これに渡邉さんが激怒。“その記者をクビか、事業部に飛ばせ!”と命じたとか。これを聞いた松井が広岡記者に同情して、“オレと一緒においでよ”と専属マネージャーにした経緯があるんです」(前出の関係者)

 広岡氏は松井氏が現役を引退後、日本に戻り「球団代表付アドバイザー」の職を得ているが、これはすなわち、巨人が用意した「松井監督準備室」だという。「広岡さんが松井とのパイプ役。彼を通じて連絡を取り合い、一刻も早く松井の首を縦に振らせようというわけです」(前同)

 巨人がここまで松井監督就任を急ぐ理由は、「監督候補だった阿部慎之助がラインから外れたから」(同)という声も聞こえてくる。「12年8月に阿部とグラビアアイドルの不倫がスッパ抜かれましたが、実はまだ彼女と切れていないようなんです。これに球団幹部が激怒しており、阿部監督の目は消えたといわれています」(前出のデスク)

 由伸監督の契約が切れるのは18年秋。最悪、“次は阿部”があったが、事情が変わったため、それまでに巨人は是が非でも松井氏の確約を取りたいわけだ。「小久保が契約切れとなるのは由伸より1年早い17年秋。このとき万が一、松井が代表監督を引き受けてしまったら、巨人としては指をくわえて見ているしかありません。由伸には無理強いして3年契約で監督に据えているため、さすがに2年でクビにできないでしょうからね」(前出の関係者) 代表監督なら、日本とアメリカを行き来する生活も可能。もし松井氏がアメリカでの家族との生活を第一に考えている場合は、NPB側有利という見立ても。巨人は、トンビに油揚げをさらわれるか……!?

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP