吉高由里子「恋愛充実」で、“燃え尽き症候群”から完全復活!?

 NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』の主演以降、長期休暇に入り、鳴りを潜めていた女優・吉高由里子(28)。だが、彼女の肉食ぶりは健在だった。「先月発売の写真週刊誌『フライデー』に、なんとアイドルグループ・関ジャニ∞の大倉忠義(31)との熱愛が報じられたんです。黒縁メガネにニット帽という姿の彼女が、大倉の自宅マンションに入るところをキャッチされています」(芸能記者)

 同誌によれば、二人は今年3月頃から西麻布の会員制バーなどにツーショットで出没していたという。「そういえば、今年のゴールデンウィーク頃には、以前、映画で共演した高良健吾(28)と急接近なんて記事も出ましたね。彼女が高良とご飯を食べに行ったことをツイッターに上げていたことから出た記事ですから、本当に熱愛だったかどうか定かではありませんが、“燃え尽き症候群”とささやかれながらも、プライベートは、そこそこ充実していたみたいですね」(前同)

 本誌でもこれまで報じてきたように、吉高は大成功を収めた朝ドラ以降、仕事を入れずに“燃え尽き症候群”に陥ったといわれていたのだ。その原因の一つと思われるのが、デビュー当時から彼女を育てたとされる女性マネージャーが、14年末に突然、退社したこと。「プライベートでも相当仲が良かったみたいですからね。もともと浮き沈みの激しい性格の彼女をうまくコントロールしていたのが、このマネージャーだったみたいですよ」(同)

 雑誌のインタビューでは、朝ドラの撮影が終わったらしばらく休むと決まっていたと話していた吉高だが、このマネージャー退社の影響で長期の休業となった可能性は大きいだろう。そんな中、彼女が仕事復帰したのは昨秋のこと。復帰作は、自身初の舞台『大逆走』だった。長い充電期間を経て、さぞや意欲満々かと思いきや、「初めての舞台だけあって、かなり戸惑いもあったようです。公演自体は、彼女が放送禁止用語を絶叫するシーンなどで話題となり大成功でしたが、演出の赤堀雅秋氏ともぶつかっていたと聞きますし、共演者ともピリピリしていたなんて話もあります」(女性誌記者)

 その背景には、別な“燃え尽き症候群”の要因もあった。本誌でも何度か報じたように、半同棲中だったロックバンド『RADWIMPS』のボーカル・野田洋次郎(31)と昨年末頃に破局していたのだ。芸能評論家の平林雄一氏が言う。「当時、あの二人は、放っておけば部屋から1週間も2週間も出てこないといわれたものですよ。軽いように見られがちですが、ああ見えて実はいつも本気。だから写真誌に撮られても反論することはないんです。今どき珍しいほどの惚れっぽい肉食系女優です」

 そんな彼女が大失恋したのだから、仕事がうまくいかないのも仕方ない。ツイッターには仕事の愚痴めいたものも増えていった。そして、この時期、こんな意味深なツイートも……。<(陶芸の写真をアップして)これを作ってる時間は忘れてた。没頭。気持ちいい時間 もっと没頭させてくれるものに出会えるかな 2015年に置いていくものと2016年に持っていくものを そろそろ仕分けしないと、な。>(2015年12月16日)<色々思う事はあるけれどどう感じるかなんてその一瞬で別人のようにもなったりもして そんな浮遊した気持ちがばらばら千切れて鱗になったりしたらどこに泳いで辿り着きたいのかなそれが何かは今はなんだかまだわかんないや 深い意味はありません>(同年12月19日)……いやいや、深い意味、ありすぎでしょ!?

 そんな彼女の心の支えとなっていたのは、お笑い芸人・ハリセンボンの近藤春菜だった。毎夜のように中目黒や三宿界隈で、酔っ払い談義を交わすことが、ヤル気喪失の彼女の、唯一のガス抜きだったようだ。ところが近藤は今春から朝ワイドのレギュラーに抜擢され、「遊んでくれる相手がいなくなった~」と本人の嘆き節も聞こえたほど。

「春頃には、吉高一人で飲み歩く姿が何度も目撃されています。隣に座った見ず知らずのオヤジ相手に下ネタトークで盛り上がったり、自身2作目の舞台の稽古の愚痴を言ったりしていたみたい」(飲食店関係者) まさに、“泣きっ面に蜂”状態だった吉高。

「もう、完全復帰するには主演した映画『蛇にピアス』(08年)で見せてくれたバストを、写真集で“ご開帳”するしか方法はないとまでささやかれたくらいです」(出版関係者) そんな状態だったからこそ、今回の熱愛報道も、業界関係者はマイナスに捉えてはいないようだ。

「相手はジャニーズだし、どこまで本気かも分かりません。少なくとも大っぴらな交際は認められていませんからね。熱くなっているのが彼女だけだとしたら、行く末はどうなのか……。でも、業界内では“吉高が仕事にやる気を出すなら、どんな方法でも構わない”と、もっぱらですよ」(放送関係者)

 事実、仕事面でも、最近はちょっとした変化が見て取れる。7月で終了した2作目の舞台『レディエント・バーミン』は大盛況。「三軒茶屋の小劇場での上演でしたが、連日満員で立ち見も出ましたね。東京の後は兵庫でも公演が続きます」(舞台関係者)

 また、休業中は更新もまばらだったツイッターも、6月末あたりから頻繁に書き込まれるようになった。それも、愚痴や意味深発言ではなく、仕事の充実感がうかがえるものばかり。7月22日、自身の28回目の誕生日のツイートでは、ケーキまみれの顔の自撮り写真を掲載し、<ありがとう 嬉しい気持ちがいっぱい おかげさまで 28歳になりました にっぱにっぱの歳に したいと思いますひょ* /(^o^)/*>と、幸せいっぱいの気持ちを綴っている。

「吉高という人は、何をやっても憎まれないキャラなんです。だからジャニーズとつきあっても文句が出ない。映画監督にタメ口でも怒られない。そういう不思議なキャラを駆使して芸能界を自由に泳ぎ回っている印象です」(代理店関係者)

 そういえば以前、カードローンのCMでも、「“お金がある”“お金ない”“お金がある”“お金ない”と、ピンポンを左右に睨みながら、バストを揺らしていましたが、ああいう他愛のないものでも、吉高流のヒットCMになってしまう魅力がウリなんですよね。彼女は奔放なのが一番です」(前出の平林氏) 恋愛もマイペースだからこそ、仕事も順調。この好循環が発生している今、彼女の「真夏の欲望」は、ますます暴走するはずだ!

本日の新着記事を読む