真夏日の続く街を脂汗を垂らして歩きながら、「生きてても辛いだけだから溶けてしまいたいなぁ」とボヤく記者。人生の夏を謳歌する若者やギャルたちに気圧されつつ渋谷を歩いていたとき、少し外れたエリアに大きな人垣を見つけた。何事かと野次馬の間に入る…


本日の新着記事を読む