「木村拓哉のSMAP脱退」を、中居正広が引きとめた過去

 かつて、木村拓哉のSMAP脱退を、メンバーの中居正広が阻止したことがあるという。これが事実ならば、かなり刺激的な出来事だ。

 SMAPの中でもっとも早くブレイクした木村は、1993年放送のドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)に出演し、ドラマはヒット。96年に主演したドラマ『ロングバケーション』(同)では社会現象を巻き起こした。その頃、木村はジャニーズ事務所から別の大手芸能プロダクションへの移籍を考えていた時期があるという。当時『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に SMAPが出演。そこで共演した泉谷しげるが、木村から相談を持ちかけられたと、自身のラジオで話したことがあり、それを関西のローカル番組が取り上げた。

 当時、迷っていた木村を引きとめたのは、最年長でリーダーの中居だった。木村は人気があるので一人でもやっていけるが、「(香取)慎吾はどうなるんだ」と訴えた。当時、香取はまだ10代、中居は「せめて慎吾が20歳になるまで待ってくれ」と頼み込み、木村も思いとどまったらしい。

 番組では、この木村独立騒動をきっかけにして、ジャニーズタレントのギャラがアップしたという噂もあったとレポートしている。SMAP以前のジャニーズのスーパースターといえば、光GENJI。全盛期にはCDが飛ぶように売れ、メンバーは多忙を極めたが、彼らの給料はそう高いものではなかったとか。それが木村の騒動後、事務所の給料形態が変わったのだという。また、アイドルというのは短命だったが、SMAPの活躍でグループの寿命も長くなり、アイドルとして活動できる年齢も上がったといわれる。

 いろいろな意味でアイドルのあり方を塗り替えてきたSMAP。彼らの解散は、一時代の終焉といっても過言ではないのかもしれない。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな