2016プロ野球ドラフト会議「金の卵」たちの明暗

 昨年の段階では、“史上初の12球団競合か!?”といわれた2016年のプロ野球ドラフト会議。全球団が“金の卵”創価大の田中正義投手に熱い視線を送っていたが、今年に入ってから、桜美林大の佐々木千隼投手、明治大の柳裕也投手、そして“高校BIG4”の横浜高・藤平尚真、履正社高・寺島成輝、花咲徳栄高・高橋昂也、作新学院高・今井達也の各投手など、多くの若き逸材が頭角を現し、誰がどこに指名されるか最後まで分からない状況だった。

「注目の田中が4年になってから肩の違和感で、ほとんど投げていなかったんです。だから、どの球団も“田中か、回避か”で直前まで悩んだんでしょうね。いつもなら早々とドラ1指名選手を公言する球団も多いんですが、今年はその話がまったくなかった。直前でロッテ、巨人、広島が田中の指名を公言しましたが、他の球団は最後まで何も表明しませんでした」(スポーツ紙記者)

 その田中をめぐる駆け引きにより、今年のドラフトは、まさに“化かし合い”の様相。肩の不安を押してでも指名が集中するとの噂が当日流れ、中には「8球団競合もある」という報道もあったが、蓋を開けてみたら、田中指名は5球団。指名が濃厚と目されていた2~3球団が回避した。そしてヤクルトが寺島、西武が今井を指名するなど、5球団が“一本釣り”に成功したのだ。「まあ、今年は逸材も豊富でしたから、それもアリですね。例年だったら競合必至の選手が、一本釣りできるわけですから」(ベテラン野球記者)

 中でも一番驚いたのが、阪神の1位指名だ。「阪神は当初、田中ではなく、注目度ナンバー2の佐々木の指名が確実といわれていたんですが、実際に1位指名したのは白鷗大の大山悠輔内野手だったんです。各紙もノーマークだったので、会場中にどよめきが起こりましたね」(前同)

 大山は大学ジャパンの4番を務めたスラッガー。もし、田中を回避する球団が増えれば佐々木に集中するはず……それなら不足している内野の強化という思惑が働いたのだろうか。「どこの球団も同じことを考えたのかもしれませんね。結局、1回目で佐々木を指名した球団はゼロ。それで、競合に敗れた全5球団が、外れ1位で佐々木を指名するという異例の事態が起きたんです。長年ドラフトを見てきましたが、こんなの初めてですよ」(同)

 ちなみに“運命のクジ”では、田中はソフトバンク、佐々木はロッテが交渉権を獲得。やはり主役だった田中と、それに振り回された佐々木で指名の明暗は分かれたが、プロ入り後の明暗は、どのように道が分かれるのだろうか――。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!