40代から始めたい! リスクが8割も減る「ガンにならないためにすべき10の処方箋」

「自分はまだ若いから!」 そう心の中でつぶやいて、がんは自分とは無縁のものと思っている30~40代の人は多いだろう。しかし! その考えは甘いのである。実は、「50歳を境に急激にがん患者が増えるのは、40代前後からの悪習慣の積み重ねが影響しているのは否定できない」(都内の大学病院医師)と言うのだ。

 さらに、がんによっては、40代から早くも患者数が増えるものもあるという。『がんは8割防げる』(祥伝社)などの著書がある、新潟大学名誉教授で、予防医学の権威である岡田正彦氏(医学博士)は、「男性の場合、大腸がん、肺がん、胃がんの患者数が40歳以降、増加しています」と話すのだ。

 だからこそ、まだ若いと自負する年代であっても、油断できないのである。そこで本誌は、40代から始めたい「がん予防」を徹底取材。結果、処方箋とも言うべき“がんにならないためにすべき10のキーワード”を見つけたので、紹介していこう。

 まず、なんといっても真っ先に実行してもらいたいのが禁煙だ。「禁煙=がん対策」とは、子どもでも知っている一般常識。それを今さら言うのは、肺がんの実に80%の原因がタバコとみられるため。がん対策で避けては通れない道なのだ。しかも、「タバコは他にも食道がん、大腸がん、胃がん、白血病などによる死亡率を約2倍に高め、がん全体で見ても、その2割以上の原因がタバコとみられます」(前同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4