アメリカ大統領選、窮地のトランプ候補「大逆転への秘策」

 世界の行く末にも影響を及ぼす大勝負。防戦一方に見える“暴言王”は、このまま負けてしまうのだろうか!?

 全世界が注目する決戦が、迫っている。11月8日、アメリカ大統領選挙で、民主党のヒラリー・クリントン候補(69)と共和党のドナルド・トランプ候補(70)が激突するのだ。

 米国メディアを通じて日本に伝わってくる現在の情勢は、「ヒラリーの圧倒的優勢」。それを受け、すでに「オバマの次はヒラリー大統領」と思っている読者の方も多いだろう。だが、共和党全米委員会顧問でアジア担当のあえば直道氏は、「まず、結論から言わせていただければ、現時点では五分五分だと思います」と話し、こう続けるのだ。

「まず日本に伝わってくる情報自体にバイアスがかかっていることが多いんです。日本で両者の支持率を報じる際によく引用されるCNNは、リベラルな民主党寄りのメディアです。CNNがとは言いませんが、大手メディアの世論調査は“操作”ができる。ランダムに電話調査といっても、たとえば共和党支持者が多い南部の州からは取らずに、民主党支持が多い州を中心に取る。そうしてヒラリー氏優勢の結果が出るんです。インターネットで平たく取った調査だと、トランプ氏が勝っていたこともあります」

 そんな“ヒラリー寄り”のメディアであるCNNの調査で、実は、トランプ氏がヒラリー氏を猛追している。それは、両者の直接対決となったテレビ討論会へ評価での調査だ。「トランプが、女性への失言を問い詰められて防戦一方だった9月26日の第1回討論会の結果は、ヒラリーが勝者だと思った人が62%。トランプが27%。トランプが攻勢に出た第2回の結果は、ヒラリー57%、トランプ34%。そして、10月19日の最後の討論会は、ヒラリー52%、トランプ39%と、初回と比べると20ポイント以上も差を詰めています」(経済誌記者)

 トランプ陣営の内部を知る前出のあえば氏は語る。「第1回の討論会で過去の問題発言を攻められた際は、トランプ陣営も本当に窮地に追い込まれていました。しかし、第2回の冒頭で謝罪をし、なんとか持ちこたえ、そして第3回では、今度はヒラリー氏が大失態をやらかしたんです」

 あえば氏が言うヒラリー氏の大失態とは、アメリカの国防に関する失言だ。「ヒラリー氏は元国務長官だったにもかかわらず、ペンタゴンの上層部しか知らない米政府の核攻撃の対応プロセスを全世界に公表してしまった。彼女は討論会中、“大統領命令が下されてから核兵器が発射されるまでの時間は約4分よ!”と言い放ったんです」(前同)

 あえば氏によれば、これは、中国、ロシア、そして北朝鮮やISISの対米諜報部員や軍関係者さえも知らない重大機密情報。それをヒラリー氏は、自慢げに話してしまったというのだ。「この大失言には、国防総省もNSA(アメリカ国家安全保障局)も怒り心頭です。この失態で、ヒラリー氏には“大統領不適格”という烙印が押されつつあり、支持率のシフトも起き始めています」(同)

 盤石に見えたヒラリー氏だが、「内実はボロボロ」と、あえば氏は続ける。「まず大きいのが彼女の健康問題。今年の9・11の追悼式中にヒラリー氏が倒れ、スタッフに両脇を抱えられながら車に搬送される映像が全世界に流れましたが、彼女の体が相当参っているのは間違いないですね」

 テレビ討論会でも、発言が終われば、すぐにイスに座ってしまうヒラリー氏の姿があったが、「私たちがつかんでいるのが、彼女が神経系の病気を抱えているということ。確定されてはいませんが、パーキンソン病や認知症という病名が挙がっています。もし、ヒラリー氏が勝っても、激務の大統領任期4年間を全うできるとは思われません」(前同)

 一方のトランプ氏は、意気軒昂。古希を迎えたにもかかわらず、「毎日のようにプライベートジェットで州をまたぎ、6000~1万人規模の集会を1日3回も行っている」(同)というから、そのタフさには驚かされるばかり。

 さらに、トランプ氏には最大の“秘策”がある。それは、ヒラリー氏が怯える“電子メール爆弾”問題を突くこと。これまで、内部告発サイト『ウィキリークス』が、ヒラリー氏が国務大臣時代に職務上のメールを個人のメールサーバーで行い、国家を危機に晒した可能性を暴露し、問題になっているのだが、

「10月25日、経済紙ウォールストリートジャーナルが、ヒラリー氏に近い団体がFBIの幹部を夫に持つ女性に、選挙活動資金として50万ドルを献金していたことを報じたんです。この幹部はその後、ヒラリー氏の私用メール問題の捜査を監督する立場になった。つまり、金でメール問題の捜査を封じた可能性があるということ。ヒラリー氏に説明責任が問われるのは必至です」(経済誌記者)

 過激な発言の数々に、告発者が次々と現れる女性への問題行為疑惑を抱えながら、ダンプカーのように突き進むトランプ氏。息も絶え絶えの中、黒い疑惑が出始めたヒラリー氏。はたして第45代アメリカ大統領に就くのは――!?

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-