10月30日のHSBCチャンピオンズ最終日、松山英樹(24)が2位に7打差をつけて通算23アンダー。ぶっちぎりの優勝を決めた。「本大会は4大メジャーに次ぐ格付で、日本人では初の快挙。昨年の同大会では3度の池ポチャなど散々な内容で途中棄権し…


本日の新着記事を読む