「SMAP崩壊の衝撃的瞬間」を、週刊文春記者が激白!

「僕がSMAPの崩壊を実感した日は、昨年の12月30日、紅白歌合戦の前日リハのときですね」と語るのは、『週刊文春』記者の鈴木竜太氏だ。今年、芸能人たちが地震よりも雷よりも恐れた文春は、年明けのベッキーの「ゲス不倫」に始まり、数々のスクープを連発。ベッキーが命名した「センテンススプリング」は社会現象になるほど話題になり、「ゲス不倫」は先日、流行語大賞のトップ10入りも果たした。

 そんな文春は、大晦日で解散するSMAPの動向も報じてきたのだが、先日、編集部からムック本『週刊文春記者が見た「SMAP解散」の瞬間』が発売された。その筆者の鈴木記者が、今回、本誌に登場。週刊誌記者が別の週刊誌で語る、オキテ破りのインタビューをお届けしたい。

 今だから言えることですが、と鈴木記者は話す。「今年1月13日にスポーツ紙で一報が報じられたSMAP解散騒動ですが、僕らは昨年の6月頃から、“SMAPがジャニーズからの独立に向け動いている”という情報を入手し、水面下で取材をしてきました。しかし、それほど大きな動きもなく迎えた紅白、衝撃の場面に出くわしました。チーフ記者がNHKホールの喫煙所でタバコを吸っていると、香取慎吾と草なぎ剛が入ってきたんです」

 愛煙家の香取と、タバコを吸わない草なぎ。車好きの草なぎが香取にしきりに話しかけ、香取は気のない返事をしていたという。「でも2人は、本当に仲が良さそうでしたよ。しばらくしたら、そこに木村拓哉が入ってきたんです」

 香取、草なぎは一瞬、木村を見て、すぐに目をそらしたという。木村は一瞥もくれない。「これまで大きな声で話していた草なぎは声のボリュームを落とし、ついには黙ってしまった。木村はずっとスマホを触ったまま。喫煙所は、その緊張した沈黙が3分間も続いたんです」 すでに崩壊していたメンバー間の関係が、記者の眼前で露になった場面だった。

「そのあと行われた記者会見で、リーダーの中居正広はメンバー愛を語りました。その直後、台湾の記者から翌年の抱負を聞かれた木村は、“来年は何が起きるか分かりません”と答えたんです」

「他社の記者たちはその発言を深くは捉えなかったようですが、ずっと取材をしてきた僕らが、彼がSMAP解散を予感しているのを痛感した瞬間でした。そして、取材陣の囲みの外には、メンバーを心配そうに見つめるI元マネージャーの姿がありました」

 それから4日後の2016年1月3日――。鈴木記者は再び、衝撃のシーンを目撃する。「深夜の西麻布、路上に止まったI氏の白いBMWに香取が乗り込んだんです。ふだん香取は、仕事の行き帰りは送迎車以外に乗ることはないので、これは異例の事態だとすぐに察知しました」

 車のエンジンがかかったままの2人だけの密室会議は、行き交う車の音にかき消されながら静かに続いたという。密談は30分続き、車を降りた香取は、I氏とは逆方向に歩みを進めた。その寂しそうな後ろ姿が、これから起こることを予感させたという。

 鈴木記者は、「後になって分かったことですが」と続ける。「もうこのとき、SMAPの独立計画は頓挫していたんです。だからI氏は、メンバーにジャニーズ事務所に留まるように説得していたそうです。それが、この西麻布の夜に2人の間で話されたことだと思います」

 ほか、SMAPへの衝撃発言が飛び出たメリー喜多川副社長の独占インタビュー、I氏がSMAP独立に動いた裏など、ムック本にはディープな事象が綴られている。最後に鈴木記者は言う。

「取材を続ける限り、残念ながら解散は避けられそうにない。ファンの方にはお叱りを受けるかもしれませんが、個人的にはSMAPの皆さんには、ぜひ最後に5人で紅白のステージに立って有終の美を飾ってほしい。彼らは、天才・ジャニーさんですら作れなかった、結成28年間も続いた特別なグループですから」

 SMAP解散まで、いよいよ20日を切った――。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP