宇垣美里、三田友梨佳、田中萌…女子アナ「恋愛ウラ事情」総決算!

 テレビの“朝の顔”のあの子が、まさかの不倫。世のオジサマたちを驚かせた、彼女たちの奔放な“火遊び”をブッタ斬り!

 “ゲス不倫”で始まった2016年を締めくくるのは女子アナのゲス不倫! そう言いたくなるほど今年もお盛んだった女子アナ界。まずは、『グッド!モーニング』で共演する先輩・加藤泰平アナとの“職場不倫”が発覚したテレビ朝日の田中萌アナ(25)から。

「田中アナは入社1年目の昨秋から同番組に抜擢された若手のホープ。テレ朝の早河会長の覚えがめでたいことでも知られていました。一方、加藤アナはフィギュアスケートの実況で知られる入社10年目の中堅で、3年前に一般女性と結婚しています」(芸能記者)

 2人が田中アナの自宅マンションにお泊まりする姿をスクープしたのは12月8日発売の『週刊文春』だが、その日から両アナの姿は同番組から消えたままだ。愛らしいルックスと天然キャラで人気女子アナの仲間入りをした田中アナだが、TV美女研究家の八木晶王氏が言う。

「入社2年目といえば仕事を覚えるのに精いっぱいなはずなのに、これだけ大胆にやらかすとは大したタマですよ。局の関係者によれば、入社以来、彼女と噂になった男は4~5人いるというから2度ビックリ」 加藤アナとの不倫も「積極的なのは彼女のほうだった」(テレ朝関係者)というから、何をか言わんやだ。

 芸能ライターの織田祐二氏は次のように話す。「田中アナは番組で“次の文春砲(週刊文春のスクープ記事の発表)は、いつですか?”と呑気なことを言ってましたが、自分が砲弾を浴びてしまうという、コントのような展開になるとは夢にも思わなかったでしょうね(笑)」

 フジテレビの秋元優里アナ(33)は12年にデキ婚した5歳年下の後輩・生田竜聖アナと別居し、離婚協議中であることが明らかになったが、その原因は自身の不倫疑惑にあった。「独身時代から浮いた噂に事欠かなかった秋元アナですが、生田アナとの結婚、出産を経て、以前噂になった報道局のやり手プロデューサーと焼けぼっくいに火がついたようです。彼女は自身がMCを務める『ワイドナショー』で“やましいことはない”と釈明しましたが、娘を連れて実家に戻り、夫の生田アナと離婚協議中であることは紛れもない事実。離婚は時間の問題でしょう」(女子アナウォッチャー)

 生田アナはジャニーズ事務所のイケメン俳優・生田斗真の実弟だが、自身のブログに<私が一体何をしたと言うんだい。。。>と書き込むなど、キツネにつままれたような心境らしい。

「秋元アナの父親は元外交官で現在は宮内庁の高官。帰国子女でもある彼女は小さい頃からチヤホヤされ、欲しいものはすべて手に入れてきたんでしょう。局内で人気のあった生田アナが欲しくなって手に入れたものの、自分のものになったとたんに飽きちゃったのかも」(前出の八木氏)

 だが、さしもの彼女も天下のジャニーズ事務所を敵に回しかねない状況とあって、旗色が悪いことは確か。「ただでさえデキ婚で干されていたのに、今度のスキャンダルは致命的。もはやフジのアナウンス部に彼女の居場所はないでしょう。早ければ来春にも退社、フリー転身の可能性が高そうです」(テレビ誌記者)

 不倫女子アナはまだまだいる。『報道ステーションSUNDAY』でおなじみのテレビ朝日の矢島悠子アナ(34)は、5年前に16歳年上の同僚プロデューサーと結婚したが、今秋、番組制作会社社長との熱愛が発覚。「彼女は『ちい散歩』を担当していた頃に同番組のプロデューサーと相思相愛になって結婚したんですが、最近は別居しているという噂もありました」(前出の女子アナウォッチャー)

 相手の社長は50代のバツイチで、見た目は冴えないメタボオヤジだそうだが、「もともとオヤジ好きな矢島アナには、どストライクだったのかも」(前同)

 テレビ朝日OGで、現在はフリーの石井希和(38)は07年に当時、東北楽天球団社長だった島田亮氏と結婚。一児をもうけたが、今年7月に二輪車販売会社社長との親密交際をフライデーされた。

「島田氏とは昨年春から別居中で、夫婦仲はすでに破綻していたようです」(夕刊紙記者) 矢島アナも石井も夫婦仲は冷え切っていたようだが、離婚が成立するまで待てなかったのか。

「それにしても、最近のテレ朝女子アナはユルすぎ。これはもう田中、矢島の両アナを同局の人気番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演させるしかないでしょう(笑)。生徒役に石井希和も呼びたいですね」(八木氏)

 一方、人気アイドルグループ『Hey!Say!JUMP』の伊野尾慧に“かけもち恋”されたのが、TBSの宇垣美里アナ(25)とフジテレビのミカパンこと三上真奈アナ(27)。三上アナは『めざましテレビ』で伊野尾と共演。番組の飲み会の後で、お持ち帰りされたという。一方、宇垣アナと伊野尾は番組での接点はなく、伊野尾がTBS関係者に宇垣アナを紹介してもらい、親密に。今では互いの自宅を行き来する間柄だという。

「だからでしょうか。宇垣アナは“三上アナは単なる共演者。自分は本命”と思い込んでいるらしい。友人に“けいクンと別れなくてもいいよね”と言うなど、強気なんだとか」(女子アナウォッチャー)

 強気というより能天気とも思えるが、アイドル顔とバストで人気者になった宇垣アナは14年の入社以来、男にモテモテ。テレ朝の男性アナとの交際のほか、ジャニーズの亀梨和也と噂になったこともあるツワモノだ。

 宇垣アナは『あさチャン!』、三上アナは『めざましテレビ』に出演中とあって、「どっちを見ても朝の爽やかな気分は台なし。困ったもんです」(前出の織田氏)

 同じフジテレビの椿原慶子アナ(31)は、妻帯者の後輩・木村拓也アナと局の飲み会後にツーショットで隠れ家バーを訪れ、朝まで過ごしたところを激写されたが、木村アナとは不倫関係ではないという。『みんなのニュース』でキャスターを務める椿原アナはお堅いイメージがあるが……。

 一方、ミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナ(29)は、破局したと思われていた西武・金子侑司選手と復活愛。実家は老舗料亭で、父親は明治座の社長というお嬢様だが、「交際に難色を示していた父親も、金子が今季パ・リーグ盗塁王のタイトルを獲ったことで軟化したそうです。さほど仕事に執着がないといわれる三田アナだけに、来春の寿退社もあるかもです」(前同)

 テレビ東京の大橋未歩アナ(38)は今年1月、07年に結婚した城石憲之・日本ハム一軍打撃コーチと離婚し、11歳年下の同僚ディレクターと再婚したことを、一度に公表して注目された。「彼女が4年前、脳梗塞を患った際は夫の城石氏が献身的に看病したものですが、夫婦のことは夫婦にしか分かりませんからね」(前出の夕刊紙記者)

『news every.』(日本テレビ系)に出演しているフリーの伊藤綾子(35)は嵐の二宮和也との交際が取り沙汰されている。「彼女自身のブログに、彼の主演ドラマの原作本や嵐のCDを写し込んだりして交際を猛アピール。大っぴらにできない分、力が入ってます」(前出の芸能記者)

 NHKの桑子真帆アナ(29)は、フジの谷岡慎一アナと熱愛中。写真誌や週刊誌に何度もツーショットがスクープされているが、「2人のようにやましいところのないカップルを見るとホッとします」(八木氏)

 ADから女子アナになったTBSの笹川友里アナ(26)は、交際中のフェンシングの五輪メダリスト・太田雄貴氏と今月中に結婚することを番組で宣言した。「せっかくなった女子アナよりも結婚のほうに魅力を感じていたんでしょうね」(女子アナウォッチャー)

 今春『NEWS23』のキャスターに内定していた(当時)TBSの小林悠・元アナ(31)が青年実業家との熱愛をスクープされた直後に退社するという事件も。「その後、彼女は退社の理由はスキャンダルではなく、適応障害だったことを週刊誌上で告白。理由はともあれ、彼女の退社で同番組は皆川玲奈アナ、さらにOGの雨宮塔子を起用する玉突き人事になりました」(前出のテレビ誌記者)

 最後はフジテレビの新人、永尾亜子アナ(23)の初スキャンダル。9月にお台場で行われた音楽イベント『ULTRA JAPAN』にフジのバラエティ部門を統括する幹部社員N氏に連れられてやって来た彼女。

「酒の酔いもあったのか、永尾アナはN氏に求められるまま、濃厚なキスを数分間も続けていたというんです。立場上、拒めなかったのかもしれませんが、彼女も陶酔した表情だったとか」(スポーツ紙記者) N氏は酒癖と女癖の悪さで有名な御仁だそうだが、はたして、この“目撃談”の真相やいかに。

 今年も途切れることはなかった女子アナたちの恋愛ニュース。来年はいったいどうなることやら……。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→ダウンタウンなう