乃木坂46・生駒里奈“土下座謝罪”に、擁護の声続々「オタクなら当然」

 1月9日に放送された『人気声優200人が本気で選んだ! 声優総選挙! 3時間SP』(テレビ朝日系)に乃木坂46の生駒里奈(21)が出演した。日頃から“2次元愛”を語るオタクとして有名な生駒だが、放送中に取ったリアクションが批判を受け、ブログで謝罪。しかし、そんな生駒を擁護する声が次々と上がっているようだ。

 同番組内で、人気声優陣からアニメキャラクターの声で名前を呼ばれた生駒は、「うきゃー、ヤバいヤバい。ありがとうございますー!」「イヤー、もうどうしましょう……」と大興奮。一部から「うるさすぎる」と批判されてしまい、生駒は自身のブログで「私の発言にイライラしたり、思わなくていい感情を起こさせてしまい本当に申し訳ありません」と、土下座の写真とともに謝罪文を掲載した。

 だが、この“炎上騒動”に、「オタクだったらあの反応は当然」「無理はない、誰でも生駒ちゃんみたいになってしまうよ」と生駒をフォローするファンが続出。「素直な反応見せててかわいかったよ!」「アニメ好きの人なら、大好きな声優さんに名前呼ばれたら、誰でも生駒ちゃんみたいな反応するでしょ!」「アニヲタ全開の生駒ちゃんの反応最高すぎる」と、生駒のリアクションを称賛する人まで現われている。

「生駒は以前、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の『ONE PIECE』クイズ大会で優勝したほどのワンピースファン。今回の『声優総選挙』で第9位にランクインした『ONE PIECE』のエース役の古川登志夫氏(70)が、エースの名場面を生駒の名前を使って再現したんですが、生駒は“どうしよう、エース……”と泣き出してしまったんです。この生駒の姿に古川氏も感動したようで、自身のツイッターに“生駒里奈さんが僕の生セリフに涙ぐんでくれて、嬉しかったなあ”とコメントを残していました」(芸能誌ライター)

 生駒里奈は、謝罪文を掲載したブログで「2次元のお仕事の時は、アニメ・漫画好きという発言にはしっかり責任を持っていることは伝えたかった」と、好きな仕事に全力で挑んでいることをファンに伝えている。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-