長澤まさみ、共演者に「キスの仕方」をアドバイス!? 「うらやましすぎる」とファン大興奮

 現在公演中のミュージカル『キャバレー』の公開稽古が1月10日に行われた。その後の会見で、主演の長澤まさみ(29)が共演者の村杉蝉之介(51)に「キス指導」したことを明らかにした。

 1月11日から上演されている『キャバレー』は、ブロードウェイの名作ミュージカル。今回がミュージカル初挑戦となる長澤は、露出度の高いセクシーな衣装を身にまとった歌姫を演じる。

 今回の会見で、ナチスの政党員を演じる村杉は「外国人役なので、どうしてもキスとかをしなければいけなくて」と前置きしてから、「長澤さんに“キスが下手”と言われてしまいました」と発言。それを受け長澤は「言ってない!」と否定しつつも、「キスしたときに、唇を中央に寄せすぎて唇が硬いって」と村杉に“キスのアドバイス”をしたことを明かして会場を盛り上げた。

「映画『海街diary』に出演した際には、是枝裕和監督から“セクシー担当”とお墨つきをもらっていたほど、最近の長澤さんには色っぽい演技が目立ってます。長澤さんは過去に伊勢谷友介(40)や嵐の二宮和也(33)との交際が報じられたりと、恋多き女として知られていますが、今回の“キスアドバイス”にはこれまでの恋愛で重ねてきたキスが想像できると、ファンは騒然としているようですね」(芸能誌ライター)

 公演が始まる前から、長澤まさみのセクシーさが話題になっていた『キャバレー』。今回の“キス指導”もSNSで話題となり、長澤の「キスが下手」という発言にファンが大興奮。「長澤まさみにキスが下手とか、逆に言われたいわ!」「キス慣れしてる感がすごい!」「いったい何人の男とキスしてきたんだ、過去の男がうらやましすぎるぞ」と盛り上がっているようだ。

本日の新着記事を読む