現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第40回 「パチンコ新基準機」は勝ちやすい? 現役パチプロ直伝の稼ぎ倍増テク!

 長らく通っている優秀パチンコホールがあるんですが、端玉でもらえる景品菓子がどれもおいしくない。てか、正直マズイ。先日、そのホールがついに各台に玉の計数機を導入したので、余り玉が出ないようピッタリの玉数で交換。すると、なぜかいつも以上にお菓子を渡されて「?」状態に。この日から交換率を0.1円上げたようで、逆に余り玉が大量に出てしまったようです……。何をやらせてもポンコツなパチプロのアンドレです。

 さて、いきなりですが、今回のテーマは「新基準機」です。半年ほど前から登場し始めているので知っている人はもちろん、知らない人も気づかないだけでおそらく打ったことがあるはず。最近ホールで人気を集める『ヱヴァンゲリヲン~いま、目覚めの時~』も『花の慶次X 雲のかなたに』も新基準機です。ところでコレ、いったい何がどう“新基準”なんでしょうか?

 まず“旧基準”との最も大きな違いは、パチンコ台に許される大当たり確率の下限が400分の1から、320分の1に引き上げられていることです。そして以前なら80%が当たり前だった連チャン率は、最大でも65%までになりました。要するに新基準機は「ギャンブル性を抑えて、当りやすくなった」と思ってください。わし個人としては、歓迎したい方向性です。

 ところが、新基準機の世間での評判はどうもよろしくないようです。もっぱら耳にするのは「新基準機は勝てない。連チャンしないから厳しい」という声ばかり。一般客だけではなく、パチプロでさえそうこぼしています。どうやらとにかく多くの人が誤解しているようですのう。

 確かに連チャン率は下がりましたが、その代わりに大当たり1回分の出玉は増えていますし、潜伏確変などの出玉のない大当たり(いわゆるパカパカ当たり)などが禁止になった恩恵もあり、当たったときの見返りは確実に増えています。もっとわかりやすく言えば「大勝ちと大負けの差が小さくなった」と考えればええのですね。安定感がグンと向上したわけです。

「新基準機」になったからといって、理論上は得も損もありません。わし自身の稼ぎを例に出すと、以前は月に何度もあった10万円を超える勝ちが、今は月に1回あるかどうか。ただ、逆に5万円以上の大敗は目に見えて激減しました。ほとんど毎日、勝っても負けても2~3万円の範囲。新基準機をメインに打つようになってからは、持ち歩く軍資金も以前の半分以下で済んでます。

 つまり、新基準だからといって敬遠せず、気にせず打っても問題はないのですが、連チャンやヒキでのマグレ勝ちが起こりにくくなったぶん、地道な粘りやちょっとした工夫が結果に反映されやすくはなっています。そこで、勝ち負けにこだわりたいなら、ぜひ覚えておきたい重要ポイントがあります。

 それは「ヘソスタートの払い戻し賞球」です。ヘソに玉が入ったとき、戻ってくる玉の数のことです。以前は3個以下の払い戻しが主流でしたが、新基準機では必ず4個以上でなければなりません。

 払い戻し個数が増えるのは単にありがたいだけではなく、そこに勝ち負けを大きく左右する秘密が隠れています。それは「回る台ほど、良く回る」です。当たり前すぎて“何言ってんの?”と怒られそうですが、新基準機って妙に“回りムラ”が激しくなったような気がしませんか? それは気のせいではなく、理屈に合った“ミステリー現象”なのです。

 たくさんヘソに入るほど、返ってくる玉は増える。するとその玉の分、さらに多く回すことができます。回らない場合は、玉が返ってこないので、もっと回らなくなる悪循環に陥ります。これが回りムラの正体です。先ほど新基準機は安定感が増したと書きましたが、デジタル回転率の差はむしろ大きくなってしまいました。

 しかし、ここにチャンスが潜んでいるのです。ほんのわずかな工夫で収支を激変させられるテクニックをご紹介しましょう。玉がワープルートを通過したり、液晶手前のステージに乗ったら手を離す。あるいは保留を満タンにせず、4個保留の台ならば3個目が点灯しそうになったら手を離す。これだけです。

 前回取り上げた『CRAスーパー海物語』を例にすれば、打ちっぱなしだと1000円で20回転にも届かない台が、上で書いたように丁寧に打つだけで、急に30回転近く回ったりします。

 秘密というわりにショボイというか、地味で面倒くさいテクニックですが、新基準機においては効果絶大。単発大当たり1回分程度の手持ち出玉でも、追加投資ナシで次の大当たりを狙えるほど回せるようになりますし、遊べる時間は今までよりずっと長くなるはずです。

 大当たりしやすい甘デジであれば、このテクニックはより威力を増します。投資金額がハッキリと減るからです。本当に地味な小技ですが、誰にでもできて専門知識も不要。その効果は実際に試してみると歴然です。そして長く試すほど、違いが収支に表れます。

 現在のパチプロは、もはや「セコさのテクニック」を競い合っているといっても良いほど(笑)。言い換えれば誰でもプロレベルどころか、パチプロ以上に勝てるチャンスがある。それがこれからの「新基準機」なのです!

本日の新着記事を読む