HKT48の指原莉乃が“イヤなタイプの女”を名指しで暴露!

 HKT48の指原莉乃(24)が、1月17日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にて、元AKB48のメンバーでグループの初代総監督を務めた“たかみな”こと高橋みなみ(25)について「嫌い」と語るシーンがあった。

 この日のテーマは「トリオTHEペットで悩む女たち」。指原は“マンチカン太郎”と“ミヌエット五郎”と名づけた猫を飼っており、「五郎が太郎の分までごはんを食べてしまう」といった悩みなどを告白。小食の猫しか行けない場所にエサを置く、といったアドバイスを受けて真剣に聞くなど、飼猫を溺愛する様子を番組内で見せていた。

 そんな中、番組内では「こんなペット好きの女はイヤだ」というテーマでトークする場面があった。フットボールアワーの後藤輝基(42)から「ペット飼ってる人で“イヤやな、こういうタイプ”というのは何かある?」と聞かれた指原は「昔はいろいろ思ってたんですよ。だけど最近自分がペットを飼い出してから、けっこう心が広くはなっているんですよ」と返答した。

 しかし、それでもイヤなタイプはいるとのことで「猫と一緒に写真を撮るときに、自分も(携帯アプリの)『SNOW』で猫になっちゃう女が嫌いなんですよ」と話し、スタジオは爆笑。指原は苦笑いを浮かべながら「いるんですよ、まあ、たかみななんですけど」と高橋の名前を挙け、「名指しだ」とSHELLY(32)にツッコまれていた。

「この番組での指原莉乃の“こういう女が嫌い”という毒舌トークは、なかなか的を射ていると人気のコーナーです。今回の場合は、指原と高橋が仲が良いのでちょっとした冗談でしょうが、何を言い出すかと注目しているメディア関係者は多いですよ」(芸能誌記者)――頭の回転の速さとサービス精神ゆえのぶっちゃけトークに定評がある指原から、今後も目が離せない。

本日の新着記事を読む