『ルパン三世』石川五ェ門の“新事実”が明らかに!?

 アニメ『ルパン三世』シリーズの新作映画『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』公開記念イベントが16日、東京都内で行われ、石川五ェ門役の声優・浪川大輔と小池健監督が登壇し舞台挨拶を行った。

「五ェ門が主役ということで、アクションシーンはすごく見応えがあると思いますし、アクションだけでなく微妙な感情表現も丁寧に描いた作品になっています」(小池監督)

 飛んでくる斧を、手裏剣を、時にはヘリコプターをも斬り倒す五ェ門に魅せられたファンも多いはず。本作でも、キラリと光る斬鉄剣を手に、躍動している。

 本作は、若きルパンたちを描いた『LUPIN THE IIIRD』シリーズの第3弾。ルパン、次元、五ェ門たちが出会い、殺し屋同士のギラギラした関係が残っている頃の物語で、若き日の五ェ門が、強敵に敗れた過去が明かされ、さらに最強に目覚めるまでを丹念に描いている。

「みなさんが知ってるルパンは、明るく楽しい愉快な泥棒一味みたいになっていると思うんですが、今回の作品では、原作に近いテイストで、ハードボイルドになっています」(浪川)

 アニメ『ルパン三世』の原点回帰ともいえる本作で再び、ルパンにハートを盗まれてみてはいかがだろうか。

『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』
2012年深夜にTV放送された『LUPIN the Third~峰不二子という女~』と、2014年の『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』に続くシリーズの第3弾。不死身の強敵に敗れた五ェ門が絶望の果てに、最強へと目覚める。仇敵との死闘を描いた傑作。2月4日新宿バルト9ほかにて“4週限定”全国公開!

本日の新着記事を読む