安倍晋三政権を揺さぶる「籠池爆弾」の行く末

 嘘か真か、はたまた単なる妄言か。トリッキーな“爆弾証言”の数々で永田町と大阪府を揺るがし続ける“カゴちゃん劇場”の行く末は…!?

 国有地の払い下げに端を発した、大阪の森友学園と安倍晋三首相夫妻や複数の政治家との不適切な関わりをめぐる疑惑が、山場を迎えつつある。3月23日、森友学園の理事長・籠池泰典氏が国会の求めに応じ、証人喚問に出席したのだ。主な焦点は、森友学園が開設準備を進めていた小学校(大阪府豊中市)に設立認可が下りた背景と、その建設資金として、安倍昭恵夫人を通じて安倍首相による100万円の寄付が行われたかどうかだ。

 特に、現在国会を騒がせているのが後者。昭恵夫人が問題の小学校の名誉校長を務めていたことが今回の問題の発端になったわけだが、さらに、過去に昭恵夫人が森友学園を講演に訪れた際、籠池氏に100万円を渡して「安倍晋三からです」と告げたというのだ。

「首相はそれ以前の国会答弁で、小学校の設立認可などに“私や妻、事務所は一切関わっていない。もし関わっていれば首相も国会議員も辞める”と、関係を全面否定していました。もちろん、寄付が事実であっても、認可手続きへの首相の関与があった証拠にはなりませんが、こうした関係性によって用地の払い下げや認可の交渉がスムーズになった側面があるとすれば、大きな問題となります」(全国紙政治部記者)

 その後、籠池氏を取材したフリージャーナリストの菅野完氏が、「物証」だとして、寄付した当時のものだという振替払込用紙の写真を公開。真偽のほども含めて話題となった。

 どこから見ても典型的な“大阪のオッチャン”にしか見えない籠池氏に、振り回される安倍政権や国会。そもそも、籠池氏は当初、メディアに対して「安倍首相から何もしてもらっていない」と答えていた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5