加藤綾子アナ「田中みな実と真逆」今田耕司の評価に思わず爆笑

 4月7日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)に、フリーの加藤綾子アナウンサー(31)がゲスト出演。今回はフジテレビ入社2年目だった2009年の夏休みに、家族とともに訪れたことのあるスイスを再訪し、その思い出などをお笑いタレントの今田耕司(51)に語った。

 番組ではスイスへ旅行したときの家族写真が公開されたのだが、写っているのは加藤アナと両親の3人のみで、一緒に旅行していたはずの兄の姿が見当たらない。その理由を加藤アナは「兄は私のことを隠しているので出せないんです」と説明し、小さい頃は顔が似ていたものの、現在は兄が太ったため似ているといわれなくなったと明かした。

 このスイス旅行をきっかけに、仕事に対して前向きになれたと語る加藤アナ。すると帰国後に、明石家さんま(61)が司会する番組『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)のアシスタントに抜擢され、それが人生のターニングポイントになったという。加藤は番組でさんまから「好きなタイプは?」と質問され、「優しい人ですね」と返したのだが、「なんやねん、かっこつけやがって! つまんないな」と激しくツッコまれたと告白。そのひと言で「確かにかっこつけてるな」と自覚した彼女は、それから「マッチョがいいです」と自分をさらけ出すようになったと語っていた。

 そんな加藤アナは番組のエンディングで、「“あんなことをしたい”という具体的な展望はあまりない」と語ると、今田は「田中みな実ちゃんと真逆やね。あの子、すげえ野心ありそうやで」と思わず発言。不意に田中みな実アナウンサー(30)と比較された加藤アナは、笑いながら崩れ落ちていた。(寺西ジャジューカ)

本日の新着記事を読む