カフェ文化の担い手「バリスタ世界王者」井崎英典氏トークイベントレポート

 4月14日、東京下北沢の本屋B&Bで、『BREAK! 「今」を突き破る仕事論』(双葉社刊)の出版トークイベントが行われた。イベントに、著者の川内イオさん(写真左)とともに登壇したのは、本に登場する10人の世界王者の1人、2014年の「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」のチャンピオンの井崎英典さん(27・写真右)。イベント冒頭に、井崎さんがいれた“世界一のコーヒー”が配られるなど、参加者にとってもホットな1日となった。

 トークイベントに先だち、自身がいれたコーヒーを参加者にふるまう井崎さん。当日、使ったコーヒー豆は、エルサルバドルの“フィンカ・ヒマラヤ”という豆。そして、このコーヒー豆を挽くコーヒーグラインダー(コーヒー豆を挽く器具)は、福岡県博多で製造されたものだという。

「このグラインダーいくらだと思います?」と参加者に問う井崎さん。「100万円?」という声が上がると、「高い! そこまではしないんですけどね~」と笑顔でやりとり。お値段40万円というこのグラインダーは、元Appleの技術者で、スティーブ・ジョブズの片腕だった「博多弁がペラペラ」(井崎さん)のアメリカ人が作ったものだという。やはり、いいコーヒーグラインダーで挽くとコーヒーの味は変わるというが、それにも増して重要なのは“水”とのこと。

02

「1杯のコーヒーのうち、コーヒーの要素は10%しかないんです。あとの90%は水。だから、おいしいコーヒーを入れるには、水がとても重要なんです」と井崎さんは言う。この日は、コーヒーに必要なミネラルを水に追加した、特製の「コーヒーのフレーバーが良く出る水」が使用された。

 著者の川内さん司会のもと、アジア人初“バリスタ世界王者”に登り詰めた井崎さんの半生を振り返るトークが始まる。

 本人が「中学のときのテストの最高の点数は100点満点中9点だった(笑)」と語るように、井崎さんは大の勉強嫌いだった。高校を中退し、さまざまなアルバイトの末に行きついたのが、地元福岡県の、父のコーヒー店だったという。

「当時の僕は、まゆ毛も剃っていてね(笑)。でも、そんな僕にも、常連のお客さんは“ひで君、おいしいコーヒーをありがとうね”って言ってくれるんです。その“ありがとう”という言葉が嬉しくて。でも、今でもその“ありがとう”が、仕事をする原動力になっていますよ」と井崎さん。

 どんどんバリスタの仕事にはまっていった井崎さん。それは、WBCの日本予選(JBC)に参加したことで、さらに加速したという。だが、その当時感じたのは、自身の圧倒的な知識、教養不足だったという。一念発起して大検を取った井崎さんは、さらに「チューターのお姉さんがキレイだった」という、地元の大手予備校に入る。予備校入校時の偏差値は35。「勉強の仕方から教わった」と話す井崎さんだったが、1年後、見事法政大学に合格した。

 井崎さんが、法政大学入学とともに始めたのが、長野県小諸市にある、井崎さんいわく「日本のコーヒー店のトップ」である、丸山珈琲でのアルバイトだった。「毎週末に新幹線で通ってバイトしていたんですが、新幹線代もホテル代も自腹。完全に赤字でしたね」と井崎さんは言う。

 そして、翌年の秋からは、イギリス北部の“鉄鋼の町”シェフィールドへ留学。「英語を含めて、バリスタに必要な国際的な感覚を身につけるため」というのが、留学の理由だったと井崎さんは語る。

「現地の学校へはまったく通いませんでしたね。生きたコミュニケーションを学ぼうと、バーにずっといました(笑)。周囲の人間が何を言っているのか全然分からなかったけど、帰ろうとは思わなかった。その場にずっといて、会話の中で出てきたフレーズをメモして、家に帰ったら眺めてね。そんなことを続けていたら、気がついたら周りが何を言っているか分かるようになったんですよ。あと、いろいろ恋もしましたね……(笑)」

 そうして“生きた英語”を身につけた井崎さんは、大学4年生、史上最年少でWBC日本予選を優勝する。だが、オーストラリアのメルボルンで行われたWBC本選では、準決勝の12人に残れず、敗退してしまった。

「僕の順位は13位でした。12位との差は0.5。それはたとえるなら、グラインダーに指紋が残っているかどうか、それくらいの僅差です。でも、全然ダメでしたね。すべてがダメでした。周囲に言われたことを、すべて詰め込もうとして、自分を見失っていて。世界王者になろうという覚悟もなかった」と、井崎さん。戦いに敗れた夜、一人ホテルを出て、近くの公園に向かったという。

「1年間、この日のために生きてきたのに、こんな結果になって……と、公園のベンチでどん底まで落ち込んでいたら、不思議なことに、ポッサム(オーストラリアに生息するフクロネズミ)が近づいてきたんですよ。それも1匹じゃなくて、3~4匹も集まってきて、目の前で座っているんです。ポッサムは人間が近づくと、すぐに逃げてしまう警戒心の強い動物なんです。だから、これは考えられないこと。よっぽど僕が可哀相に見えたんでしょうね(笑)」

 井崎さんは、集まったポッサム相手に自分が負けた理由をじっくりと話したという。なぜか静かに話を聞いてくれる彼らに対し、何が悪かったのか、何が足りなかったのか、夜通し話をしたのだという。

「気がついたら、ポッサムはいなくなっていました。でも、話終わったら“これはコーヒーの神様が与えてくれた試練なんだ”というふうに考えられるようになっていましたね」と笑う井崎さん。そして、井崎さんは翌年、2014年のWBCで世界王者に輝く。その軌跡は、『BREAK! 「今」を突き破る仕事論』に、詳細がつづられている。

 今、井崎さんは“コーヒーエバンジェリスト(伝道者)”の肩書きで仕事をしている。日本にいることのほうが少なく、毎日のように飛行機で世界を飛び回り、講演活動、コーヒーメーカーとの製品共同製作、コーヒー関連器具の開発などなど、幅広い仕事をこなしている。その中でも力を入れているのが、人材の育成だという。

「今年も11月にWBCが行われるのですが、そこに僕がトレーナーを務めているバリスタが4人(日本人、オーストラリア人、スイス人、イタリア人)も出場するんです。当日は、大会でMCの仕事もあるので、正直みんなをフォローできるか心配ですね。でも、頑張りますよ。やはり教育は素晴らしいものだと感じています。勉強は教えられるものではなく、自分でつかむもの。教育によって、人の人生は変わる。それを伝えていきたいんです。人の夢をかなえる手伝いをすること、今、それがとてもやりがいがあることなんです」

 川内さんの軽快なリードで、熱を帯びた井崎さんのトーク。井崎さんは「コーヒーは人と人をつなぐもの。ゆっくりコーヒーを飲んでいるとき、人は攻撃的にはならないですよね。だから、コーヒーは世界を平和にするものなんです」と話す。井崎さんは最後に「一番おいしいと思うコーヒーは?」という問いに、こう答えてイベントを締めてくれた。

「僕が今、一番おいしいと思うコーヒーは、夜、自宅で奥さんと、今日一日を振り返りながら飲む1杯ですね」

03

井崎がWBC史上初のアジア人王者に輝くまでの軌跡が収録されている書籍『BREAK!「今」を突き破る仕事論』(双葉社)は現在好評発売中!
http://amzn.asia/9LFU46X

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-