今田耕司、元フジ本田朋子アナを口説いた過去をバラされ狼狽

 4月29日放送の『こんなところにあるあるが。土曜 あるある晩餐会』(テレビ朝日系)で、“どっちが幸せ? 元東京キー局女子アナvs元地方局女子アナ”をテーマに、それぞれ4人のフリーアナウンサーが招集された。

 当然ながら、元地方アナの元キー局アナに対するライバル心が、むき出しになる。元千葉テレビの谷岡恵里子アナ(33)は、就職活動で数々のテレビ局を受け、結果的にフジテレビとTBSと中京テレビは不合格だったと明かし「そのときにフジテレビに受かったのが、本田さんです」と、離れた席に座る本田朋子アナ(33)を名指しした。

 一方の本田アナは、谷岡アナの存在について、今まで知らなかったと告白。すると谷岡アナは、本田アナに対して「よくテレビで拝見しています」と語気強めに返していた。内心「私を落として、この子を採ったのか」という思いで本田アナのことを見ていたという谷岡アナ。しかし、司会の今田耕司(51)から、「なんで谷岡アナがキー局を落ちたのか、理由は分かるような気がする」と言われてしまうように、とにかく谷岡アナは押しが強すぎるようだ。

 その後、トークのテーマが“女子アナウンサーの恋愛あるある”に移ると、番組は衝撃の情報を公開した。この日集まったメンバーの中に、かつて今田から口説かれたことのある女子アナがいるというのだ。

 ここで手を挙げたのは、本田アナであった。彼女が新人時代、初めて担当したバラエティ番組に今田も出演しており、事あるごとに今田から「今度本田ちゃん、ごはん行こうよ!」と声をかけられていたという。「新人なのに、大物芸能人に誘われると……」と、当時のとまどいを吐露した本田アナであったが、今田からするとこれは下心のない行為だったようで、「誰にでも声をかける」と、今田は主張していた。

 しかしここで、今田の言葉に異を唱えたのが、同番組のMCを務めるHKT48の指原莉乃(24)だった。目をむいて「私、全然言われてないんですけど!」と指摘した指原は、続けて「本当にブス嫌いですよね!?」と今田に迫る。今田はアタフタしながら「指原は別にブスちゃうやん」とフォローしたが、顔のニヤケを抑えきれず、指原に「めちゃめちゃ笑ってるじゃないですか!」とツッコまれていた。(寺西ジャジューカ)

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな