こんなことを言うと、恰好つけすぎかもしれないですが、生きることへの抵抗手段が、僕にとっては映画を撮ることだと思うんです。生きていくなかで、当然、悩みもあるし、不満もある。僕は、母親が7歳のときに死んでいるので、割と、生きるとか死ぬって問題…


本日の新着記事を読む