だが、前出のファッション誌ライターはこう言う。「でも、まだいますよ(笑)。『H』の某メンバーが、西麻布の会員制バーでこっそり女遊びしているようです。でも、そんなのはかわいい話で、ある関西系Jr.はクラブに行ってはVIPルームでセクシー女優を隣にはべらせ、お持ち帰り。さらに自分だけ謎の錠剤を飲み、おかしなテンションだったとか……。彼はあまりにも素行がマズかったからか、解雇されたそうです」

 女性芸能人はどうだろうか。先日、Aを卒業したK・H(29)は、芸能関係者間では、“六本木の姫”との異名もあるという。「ハワイが本店の『ウルフギャング』というステーキ店に、週3くらいで通っていた時期がありました。同店は“最上級の熟成肉のみを使用”と謳っているだけあり、飲んで食べれば1人15000円くらいいっちゃうんですが、毎回、謎の取り巻きが支払っていましたね」(芸能事務所関係者) なんと、実は秋葉原よりも、六本木で“会いに行けるアイドル”だったということか。

 ほかにも、六本木では、女性芸能人の“怪しげな姿”が目撃されている。「タレントのT・Y(34)が、クラブの黒服風情の男性4~5人を引き連れ、飲食店に入っていく姿が、たまに目撃されています。かつて、同じようなことを、H・Aがやっていましたが、HほどブレイクしていないTになぜ、そんなことができるのか……ミステリーですね。モデルのM・A(31)も、とんでもないテンションで外国人クラブにいる姿を見たことがあります。あの酔い方、本当に酒だったのかな……」(ファッション誌ライター)

 そんな中、ひときわ目立っているのが元AのN・M(23)だという。「彼女はすごい。芸能美女ばかりの集団を引き連れ、西麻布界隈で飲み散らかしています。通称“N軍団”のドンです。特に仲が良い男が、元G監督のH・T氏の息子のH・Y氏。彼が紹介する金持ち実業家たちにNが軍団所属の女性をあてがっているといわれています」(前出の芸能事務所関係者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4