その香取といえば、草なぎ剛(43)、稲垣吾郎(43)とともに、9月にジャニーズ事務所を退所することが決まっているが、ここにも気になるお金の話が……。「3人の退職金です。1994年にジャニーズを退所した田原俊彦は最近、テレビ番組で“退職金は100万円だった”と発言しています。さらに噂ですが、13年9月末に専属契約を解除された、元KAT-TUNの田中聖には、約2000万円の退職金が支払われたと言われています。不祥事だらけだった田中が2000万円なら、事務所に多大な利益をもたらした3人は各々、その10倍、2億円くらいもらっていいのでは、と」(女性誌記者)

 だが、ジャニーズ事務所に詳しい芸能プロ関係者は、こう笑う。「2億? 絶対にないですよ。ジャニーズは財布のヒモが固いですから、出しても3000万円がいいところ。ただ、3人は最高権力者のメリー喜多川副社長に反旗を翻して辞めていくわけですから、ゼロの可能性も十分にあるでしょうね」

 このようにスパッと辞める3人がいる一方で、しぶとく辞めない人も。その代表は、とんねるずの2人。「視聴率低迷が深刻で、いつも打ち切り候補と報じられる『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)ですが、彼らのギャラは、好調時とほぼ同じとか。現在も2人で1回、“末広がり”の888(八八八)万円もらっているといいますから、驚きです」(お笑いプロ関係者)

 最後に、7月6日から、夫・船越英一郎(57)との泥沼離婚騒動を繰り広げている、松居一代(60)の金銭事情を調査してみると――。「船越の不倫告発を開始して以降、ブログはランキング1位を独走。YouTubeにアップする動画の再生回数は、トータルで1000万回に迫る勢いで、他にもTwitterやLINEと、あらゆるSNSをフル活用。その広告収入は、月額3000万円を超えるとも……」(芸能記者)

 少し大げさな気もするが、ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「可能性はあります」と、こう話す。「YouTubeは広告をつけていないようですが、ブログは、運営会社と芸能人との契約にはさまざまなインセンティブがあります。このフィーバーが続けば、1000万円を超えてくることは十分、ありえるかと」

 財テクに長け、すでに総資産数十億円ともいわれる松居。夫の不倫告発の本当の狙いは、これだった?

本日の新着記事を読む

  1. 1
  2. 2