『世界の果てまでイッテQ!』他、“ロケ中止”になった裏事情

 7月9日に放送されたバラエティ番組『真夜中』(フジテレビ系)のロケで、HKT48の指原莉乃(24)が人生で初めてクラブを訪問。しかし、指原が号泣してしまいロケが中止になるという事態が起こった。

 同番組は、指原とリリー・フランキー(53)が深夜の街をロケするという内容で、この日はステージ上で踊る女性グループへのインタビューなどが放送された。しかし、その直後、映像はリリーが一人でしゃべるシーンに切り変わり、「予定ではクラブに何軒か行った後、『(恋する)フォーチュンクッキー』かけてもらって、みんなで踊る予定だった」「(指原は)初めてのクラブで、いろいろ酔っ払いもたくさんいて、話しかけられて、人見知りなんで怖かったんでしょうね。泣いてしまいまして……」と、ロケが中止になった顛末を明かした。

 これにはネットでも「仕事なんだから対応すべき」、「酔っぱらいに絡まれたら怖い」と意見は真っ二つ。SNSなどで大きな話題を集めた。しかし、予期せぬ事態が起こって、ロケが中止になったというエピソードは他にもある。

 2016年5月『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、現地住民からのクレームを受け、人気企画「珍獣ハンターイモト ワールドツアー」のロケが中止になるという騒動が起きた。この日の放送は、イモトアヤコ(31)がスロバキアの首都ブラチスラバを訪れ、人間アートに挑戦するという内容。イモトは、アーティストのウィリーさんが発案した、「タワーマンションの何が良いの?」というメッセージ性の強い人間アート作品に参加した。そのウィリーさんの指揮のもと、イモトが教会の柱と柱の間に入ろうとしたところ、それを見ていた地元住人から「いったい何を考えているのかしら」とクレームが入った。通訳は「プロジェクトとして(こういうクレームが入ることは)よくあることです」と説明。番組スタッフはロケの継続を求めたが、「ダメなんです」と通訳から断られ、結局このロケはここで終了となってしまった。

  1. 1
  2. 2